1. ホーム > 
  2. Webサイト集客 > 
  3. Facebookページの作成と運営 > 
  4. Facebookページマネージャーの使い方

Facebookページマネージャーの使い方

facebookページマネージャーはモバイル環境でfacebookページの管理や、ファンとのコミュニケーションをとることができるアプリ。iOS版とAndroid […]

  • 2018/9/22
  • 2013/5/31

facebookページマネージャーはモバイル環境でfacebookページの管理や、ファンとのコミュニケーションをとることができるアプリ。iOS版Android版のアプリがリリースされています。

電車の中などの「ちょっとした時間」で、facebookページの更新をしたり、いいね!やメッセージの内容などを確認することができるのでとても便利です。

初期のバージョンはURLの共有もできずアプリ自体も重かったので使いにくいものでしたが、最近ではバージョンアップして、かなり使いやすくなりました。
facbookページを運営する際には、インストールしておいて損はないアプリです。

ページマネージャで「できること」


ページマネージャーは複数のfacebookページが管理でき、PCでできる事のほとんどをモバイルで行うことができます。

facebookページへのテキスト投稿はもちろん、写真や動画の投稿、facebookインサイトの確認、facebookページの新規作成、広告の管理まで行うことができます。

いいね!やメッセージ、お知らせを確認したり、受信したメッセージに対して返信を書く事もできます。

スポンサーリンク

facebookページへの投稿

画面中央下のアイコンをタップして、facebookページへの投稿を行います。
テキスト、写真、動画の投稿、イベントの作成を行うことも可能です。

テキスト投稿ではURLを貼り付けると自動でOGPのデータを取得してくれます。
以前のバージョンではURLがテキストリンクになるのみだったので、外出先でURLをシェアする事を躊躇していましたが、いまの仕様であれば気にする必要はありません。

写真や動画もテキストと同じようにfacebookページに投稿できます。

イベントを作成

ページマネージャでイベントを作成することもできます。
投稿と同じアイコンをタップして、イベントアイコンをタップするだけです。

イベント名やイベントの開催時間、場所や詳細な情報を入力する項目も用意されています。

何かのイベントを開催する時には、facebookページのイベントも作成して参加者を募ってみましょう。
イベントページは、そのイベントに参加する人の友達にも拡散されやすいコンテンツですので、開催するイベントを通じて、新しいユーザーを獲得するチャンスが生まれます。

またイベント開催中のコメントに返信したりといった時にも、モバイルのページマネージャはとても便利です。

参考:Facebookでイベント開催!成功するFacebookページ運用のために知っておきたい関連知識- SMMLab

インサイトを見る

facebookページのインサイト情報(アクセス解析情報)の確認もできます。折れ線グラフのアイコンをタップするとインサイトが表示されます。

以前のバージョンでは、「合計いいね!」と「合計リーチ(週間)」、「話題にしている人」だけでしたが、現在では、「投稿のリーチ数」や「アクションを実行した人」の推移も確認できるようになっています。

さすがに「投稿ごとのリーチ数」などは確認ができませんが、モバイルアプリでそこまで確認できるようにする必要性はないと思います。

まとめ

facebookページマネージャは、facebookページを運営している企業担当者にとっては必須のアプリ。インストールしておきましょう。
ただし、ご紹介したように「ほとんどPCのfacebookページと同じことができる」とはいえ、インサイトの分析データが弱い、ダウンロードができないなどの違いもあります。

しかしイベント開催時のリアルタイムな更新は、「スマホで写真撮影」→「ページマネージャですぐにシェア」という感じでスムースに行なえますし、facebookページヘのメッセージの返信もすぐにできるといったメリットもあります。

活用シーンによってPCとモバイルを使い分けるようにするのがベストです。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします