1. ホーム > 
  2. Webサイト集客 > 
  3. Facebookページの作成と運営 > 
  4. Facebookページに投稿する方法 - 各機能の使い分け

Facebookページに投稿する方法 – 各機能の使い分け

Facebookページの投稿には「近況」「写真/動画」「クーポン、イベントなど」の3種類があります。 投稿の基本は「近況」を使い、運営サイトのリンクをFaceb […]

  • 2018/9/22
  • 2013/5/13

Facebookページの投稿には「近況」「写真/動画」「クーポン、イベントなど」の3種類があります。

投稿の基本は「近況」を使い、運営サイトのリンクをFacebookページでシェアする時にも「近況」を使います。

それぞれの機能でできる投稿種類は分かりにくいものではありませんので、初めての方でも「どれを使ったら良いか分からない」という事はないと思いますが、とりあえず一通りの機能は覚えておきましょう。

近況

post-facebook-page_01

テキストやURLなどのリンクを投稿する機能です。
テキストボックス内にURLを記述する事で自動的にリンク先の概要などが作成されます。

投稿の文字数制限は6万3,000文字くらいなので、どんな内容の投稿も大丈夫だと思いますが、あまり長い文章の場合には「続きを読む」というリンクが表示されてしまいますので、出来るだけ短く内容を伝えるようにしたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

写真/動画

post-facebook-page_02

写真や動画を投稿する機能です。
アップロードした写真は、タイムライン上では404ピクセルx404ピクセルで表示されますので、このサイズ内で投稿すると綺麗に見えます。
また、写真はアルバムを作成して投稿する事もできます。

動画はあらゆる形式のファイルに対応していますが、画面の長い方の辺が1,280ピクセル未満にします。
ファイル形式はMP4形式が、サイズ・クオリティ共にバランスが取れていますので最適ではないかと思います。

クーポン、イベントなど

post-facebook-page_03

店舗やウェブサイトで使えるクーポンを配布したり、ユーザーに選択式の質問をする機能です。

  • クーポン
    店舗やウェブサイトなどでユーザーが利用できるようなクーポンを発行する事ができる機能です。
    ただし、ただで作れるわけではなく利用料金がかかります。
    またFacebookクーポンの利用には、Facebookページに「いいね!」が100以上付いている事が条件です。
  • イベント
    開催するイベントの情報を登録する機能です。
    イベントに「参加する」をクリックしたユーザーは、Facebookインサイトの「話題にしている人」にもカウントされるようです。
  • 大事な出来事
    10世紀末(1000年)までの過去の日付で情報を登録することができる機能です。
    Facebookページを開設する前の、大切な記念日などの情報を登録したりすることで、企業やブランドの歴史を演出する事ができます。
  • クエスチョン
    Facebookユーザーに質問をする事ができる機能です。
    質問は幾つかの選択肢を用意して作成しますが「他の人も選択肢を追加できる」という機能はOFFにしておいたほうが良いでしょう。

ユーザーがアクションをしやすい投稿をしましょう

Facebookページは、単に更新情報を投稿しているだけでは、あまり意味がありません。
ユーザーに積極的に「いいね!」をしてもらったり、コメントを書いてもらう事で、ユーザーコミュニケーションが活発化します。

その為には、投稿にもいろいろと工夫をして運営する必要があると思います。
例えば「更新したブログのリンク情報」を投稿するとしても、単に「近況」を使ったリンクの投稿だけでは、ユーザーの反応は得にくいものがあります。

Facebookページの投稿内容はユーザーのタイムラインに表示されますので、アイキャッチの写真などを使って「写真/動画」の機能を使って投稿する事で、存在感が生まれる場合があります。

友人の投稿でも「テキストのみ」の投稿よりも、写真を使った投稿の方が目立ちますし「いいね!」などのアクションを取りやすいのではないでしょうか。

他にもFacebookページの投稿は「アイデア次第」の部分がたくさんあるはずです。
いろいろなFacebookページを購読して、投稿のアイデアを独自に蓄積していきましょう。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします