1. ホーム > 
  2. Webサイト集客 > 
  3. Google アナリティクスの使い方 > 
  4. 特定のページを見たコンバージョン数を調べる方法

特定のページを見たコンバージョン数を調べる方法

Googleアナリティクスを使って、あるページを見たCV数を調べる方法を解説。イベントページを閲覧してからコンバージョンしている数を調べたりといった使い方ができます。

  • 2016/11/3
  • 2016/11/3

Google Analyticsを使って、特定のページを見た後にコンバージョンした数を調べる方法を解説します。

どんな事が分かるのか?

例えば、a.html、b.html、c.htmlというページがあり、コンバージョンは2件発生していたとします。「a.htmlとb.htmlを見て購入した場合」、「a.html、b.html、c.htmlすべてのページを見て購入した場合」の2つのパターンで購入されている場合があるとします。

図にすると下のような感じです。

このページでご紹介する方法を使うと、a.htmlを見てコンバージョンしている数は何件なのかといった事が分かります。

記事ページを閲覧して購入に至ったコンバージョン数を調べたり、商品の説明ページを閲覧して購入に至ったコンバージョン数を調べたりする事ができます。
何ページかの結果を見比べることによって、ページの情報を増やす、デザインを変更するなどの改善のためのアイデアが湧いてくるはずです。

セグメントで条件を設定する

a.htmlを見てコンバージョンしている数を知りたい場合は、セグメントの条件で指定します。

  1. レポート画面上部の「+セグメント」をクリックして、セグメントの設定画面を表示し、「+新しいセグメント」をクリックします。
  2. 左メニューから「条件」をクリックします。
  3. 条件欄をクリックして「行動」の中にある「ページ」を選びます。虫眼鏡のアイコンが表示されているテキストボックスで検索すると楽です。
  4. 右側のテキストボックスにURLをドメイン名以降の最初の/から入力します。https://lblevery.com/sfn/attract/wmt/を見たという条件にする場合には、/sfn/attract/wmt/と入力します。
  5. 右側にある「AND」のボタンをクリックします。
  6. 対象となる目標の完了数を条件に設定します。検索ボックスで「完了」と検索すると楽です。目標を複数設定している場合、間違えないようにしましょう。
  7. 右側のテキストボックスに「0」を入力し、演算子は「>」を指定します。
  8. このセグメントに名前をつけたら「保存」ボタンをクリックします。

これで「特定のページを見ていて、目標完了数が0以上のセッション」というセグメントができました。

集客レポートでコンバージョン数を確認する

セグメントを変更し集客レポートを確認すれば、特定のページを見てコンバージョンしている数は何件なのかが分かります。

  1. 新しいセグメントを作成すると、そのセグメントが選ばれている状態になっているはずです。セグメントの設定部分で、先ほど登録したセグメント名が表示されていることを確認したら、次のステップに進みます。
  2. 「集客 >すべてのトラフィック > チャネル」をクリックして、レポートを表示します。
  3. 表部分の右側でコンバージョンを先ほどセグメントで設定したコンバージョンに合わせます。目標設定が1つしかない場合には「すべての目標」でも大丈夫です。
  4. 集計部分に表示されている数が、特定のページを見てコンバージョンしている数です。

「すべてのユーザー」などの別のセグメントが選択されている場合は、以下の手順で作成したセグメントを選びます。

作成したセグメントを選ぶ方法

  1. レポート画面上部の「+セグメント」をクリックして、先ほど設定したセグメントを選びます。右側の「セグメントを検索」ボックスに先ほど作成したセグメントの名前を入力して検索すると便利です。
  2. セグメントを選んだ時、元々設定されていたセグメント(すべてのユーザーなど)を外すことを忘れないようにしましょう。

この方法は、1ページ1ページURLを指定しながら調べる必要がありますので、ある程度仮説を立てて調査するページを絞り込んで行うのが良いでしょう。

Webデザイン・プログラムスキルを身につけたい方におすすめしたいスクール

私もWebスキルを身につけるためにスクールに通いましたが、正直言って「趣味の講座レベルのスクール」が多く、実践的なスキルを身につける事ができるスクールは多くありません。

ただ全くの未経験ではWebを仕事にする事が難しいのも事実。そこでWebの実践的なスキルを身につけられるスクールをご紹介します。

スクールの価格は安くありませんので、まずは無料体験レッスンや無料カウンセリングで体験してみて、良さそうだなと思ったら本格的に取り組む方法をおすすめします。

Webスク(6か月のガッチリ型)

半年間、オンラインとオフラインのカリキュラムで「即戦力」と呼ばれるような人材になるためのスクール。業界の企業を見学するオフィスツアーやIT企業の人事担当との交流会など、現実的なキャリア形成のイメージを作れる機会があるのが良いです。

無料体験レッスンでは、キャリア形成の相談もできます。

WebCamp(1か月の集中型)

こちらは1ヶ月の短期集中型。と言っても、最初のカウンセリングを通してカリキュラムは個人ごとのオーダーメイドなので、自分の都合で学べるのが良いです。

このご時世、直接Web制作に携わらない部署の人もWebに関する知識は必要なので、社会人の方の受講も多いです。

CodeCamp(2〜6か月のカスタマイズ型)

現役エンジニア・デザイナーからマンツーマン指導が受けられるスクールです。内容的には他のスクールにひけはとらないにもかかわらず、オンラインのみなので価格が安いのが良いです。

新卒などの社内研修でも利用されているので、社員のスキルギャップに悩んでいる方にも良いかもしれません。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします