1. ホーム > 
  2. 事例・レポート > 
  3. ビジネスに活用できる2014年SEOトレンドに参加して思ったこと

ビジネスに活用できる2014年SEOトレンドに参加して思ったこと

2014年9月20日に開催されたCSS Nite「ビジネスに活用できる2014年SEOトレンド」に参加してきました。 今年のイベントはコンテンツに関するセッショ […]

  • 2015/7/12
  • 2014/9/22

2014年9月20日に開催されたCSS Nite「ビジネスに活用できる2014年SEOトレンド」に参加してきました。
今年のイベントはコンテンツに関するセッションが多く、コンテンツをどのように作るのかという方法論から事例の紹介などが盛りだくさんでした。

セッションの内容は「バカに毛が生えたブログ」さんが細かくアップしてくれていますので、私はセッションに参加した感想などを書いていこうと思います。

【保存版】CSS Nite LP36「ビジネスに活用できる2014年SEOトレンド」レポート #cssnite_lp36 | バカに毛が生えたブログ

来年は行かないかもしれない

毎年参加していますが、もしかしたら来年は参加しないかもしれません。

スピーカーの方々のセッション内容は素晴らしく非常に面白いものでした。
しかし、鈴木謙一さんのセッションテーマは昨年と同じテーマ、松尾茂起さんのセッションは(ご本人も言っておられましたが)一昨年の内容をブラッシュアップしたものでした。

お二人ともこの業界内では有名人でもありトップレベルの実力者ですが、なぜ新しい事例やテーマではなく過去に話した内容と同じテーマだったのでしょうか。
私は「行動をおこす人が皆無だから」だと思いました。

鈴木謙一さんが昨年も紹介をしてくれた「サイトの構造化」。
1年経過しましたが、未だに一部のサイトでしか実装されておらず普及しているとは言えません。
ご本人も今年のセッションで仰っていました「日本は遅れている」と。

松尾茂起さんのセッション内容にしても同じではないでしょうか。

今回のイベントには300人以上の方が参加されたそうですが、少なくともこの300人が何も行動をおこさなければ、来年のイベントも今年と同じような内容のセッションが並んでしまうかもしれません。

もしそうなったら、私は来年は参加しないかもしれません。

分かっていても行動をおこす人は多くない

私の周りにも今回のイベントのようなきっかけがあって「やっぱり、やらないと駄目ですね」と感じる人は多くいます。
しかし実際に行動をおこす人は多くありません。やり続ける事ができる人になると皆無です。

今回「コンテンツ施策の立案から運用体制の設計まで」というセッションで、床尾一法さんが「六本木 グルメ」よりも「東京 グルメ」の方が成果に近いというような事を仰っていました。

しかし本当にそうなのでしょうか?
飲食店の母数が違う「新宿 グルメ」や「渋谷 グルメ」でも同じことが言えるのでしょうか?

こればかりはやってみないと分からないと思います。
床尾一法さんが仰っていた理由にも納得できましたし、そういうユーザーの心理も視野に入れておかないといけないなと感じましたが、自社サイトのユーザーの行動を、日々細かく追いかけていかないと分からないのも事実だと思います。

果たしてそこまでやりきれている人がどのくらいいるのでしょうか。
多くの人が他の仕事も抱えていたり、あまりにも膨大な作業量を前に進まなかったりというのが現実だと思います。
事実私も分かっちゃいるけど進まない、という毎日です。

床尾さんは細かく丹念にユーザーの行動を追い続けたからこそ、成功する道が見えたのだと思います。
他の登壇者の方々や世の実力者と言われる方々も膨大な仕事を抱えているはずですが、きっと細かく丹念にやりきっているはずです。

さぁ今日から!

今回、鈴木謙一さんの構造化データに関するセッションで「JSON-LD」での構造化の方法を説明して頂きました。
私は勝手に、すぐにでも行動をおこして欲しいからこそ、あれほど細かく説明に時間を割いたのだと解釈しています。

月曜日からまたいつもの激務が始まりますが、このイベントを通じて知った事や考えた事は、行動におこしていくつもりです。

何を偉そうに!と思った方もいると思います。このブログを読んでいる人には、私がちゃんと行動をおこして毎日やりきっているかどうかは分かりませんから、いくらでも言えるといえばそれはそうです。

だけど敢えて書きます。とにかく行動をおこしましょう!

「役にたった」と思ったらシェアお願いします