1. ホーム > 
  2. Webサイト制作 > 
  3. Webライティング・ブログや記事の書き方 > 
  4. なぜブログを書くのか?

なぜブログを書くのか?

こんにちは。 今日はITPROのフェイスブックの「小さな賭け」、大企業がやりがちな「大きな賭け」という記事のご紹介です。 「速く動いて失敗せよ」というフェイスブ […]

  • 2015/9/12
  • 2012/4/7

こんにちは。
今日はITPROのフェイスブックの「小さな賭け」、大企業がやりがちな「大きな賭け」という記事のご紹介です。

「速く動いて失敗せよ」というフェイスブックのチャレンジするという文化は、そのままどんな場面でも当てはまると思えます。
身近な小さな事で言えば「ブログを書く」というチャレンジもそうです。

私の場合ブログは仕事の一環でもありますが

私は一応インターネット広告業界に勤めている事もあって、ホームページとかブログの制作に関する知識は仕事の上でとっても重要です。

特にこの業界は1年現場を離れていると、もう分からない事だらけになってしまうので、休みの日にも最新の情報をインプットするというのは、もう習慣化している部分もあります。

ただ、最新の情報をぼーっと眺めていてもやっぱり身にはつかないので、いざお客さんに聞かれた時に「瞬間的に」話はできません。
そういった瞬発力を身につけるには、インプットした情報を実践するか、その情報に自分の考えを入れてアウトプットする事が重要だと思っています。

その為のホームページ・ブログであるという位置づけなので、ある意味好き勝手に書いています。

ブログを書き始めない人が多い理由

しかし、私の周りにブログを定期的に書いたりして実践している人は少数しか居ません。
何度も「ブログを書いたほうがいいよ」と薦めてはいるのですが、なかなかみんな動かないのです。

それで「なぜやらないの?」と聞くと、「自信がない」とか「デザインが思うようにできないから止まっている」とか言うのです。とってももったいない。

私も自信満々で書いている訳ではありませんし、デザインなんかその道のプロには到底及びもしません。
それでも交友関係が広がったり、時には現実的な利益が出たりして、ブログを書いているからこそ得られたものは、決して少なくありません。

ブログを書き始めたいと思っているけど、なかなか始められていないという人は、ぜひすぐにでも書き始めて欲しいと思います。先日紹介した必ず結果が出るブログ運営テクニック100という書籍なんかも、読むとモチベーションが上がると思います。

それではまた。

Webデザイン・プログラムスキルを身につけたい方におすすめしたいスクール

私もWebスキルを身につけるためにスクールに通いましたが、正直言って「趣味の講座レベルのスクール」が多く、実践的なスキルを身につける事ができるスクールは多くありません。

ただ全くの未経験ではWebを仕事にする事が難しいのも事実。そこでWebの実践的なスキルを身につけられるスクールをご紹介します。

スクールの価格は安くありませんので、まずは無料体験レッスンや無料カウンセリングで体験してみて、良さそうだなと思ったら本格的に取り組む方法をおすすめします。

WebCampPro(3ヶ月の超ガッチリ型)

3ヶ月の実践カリキュラムと3ヶ月のキャリアサポートで「転職・就職を保証してくれる」スクール。来校型のスクールですが、平日は毎日13:00以降、講師が常駐しているので質問や疑問もすぐに解消できるのが良いです。それぞれの学習スピードに合わせてカリキュラムが組まれますが、3ヶ月間という短期で一人前のエンジニアになるのが目標なので、かなりきつい部分もあるかと思います。

しかし裏を返せば「本気でキャリア形成をしたい」、「プログラムを仕事にしたい」という方にはピッタリなスクールです。

WebCamp(1か月の集中型)

こちらは1ヶ月の短期集中型。と言っても、最初のカウンセリングを通してカリキュラムは個人ごとのオーダーメイドなので、自分の都合で学べるのが良いです。

このご時世、直接Web制作に携わらない部署の人もWebに関する知識は必要なので、社会人の方の受講も多いです。

CodeCamp(2〜6か月のカスタマイズ型)

現役エンジニア・デザイナーからマンツーマン指導が受けられるスクールです。内容的には他のスクールにひけはとらないにもかかわらず、オンラインのみなので価格が安いのが良いです。

新卒などの社内研修でも利用されているので、社員のスキルギャップに悩んでいる方にも良いかもしれません。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします