1. ホーム > 
  2. Webサイト制作 > 
  3. GIMPの使い方 > 
  4. GIMPを使って写真のトリミングをする方法

GIMPを使って写真のトリミングをする方法

せっかく撮影した写真も被写体以外のものが写っていて、この部分を消したいっ!という事もあると思います。 そういった時に便利な機能がトリミング機能です。 平たく言え […]

  • 2012/6/17
  • 2012/6/17

せっかく撮影した写真も被写体以外のものが写っていて、この部分を消したいっ!という事もあると思います。
そういった時に便利な機能がトリミング機能です。
平たく言えば、写真をはさみで切り取るといった感じの機能です。

トリミングを行うには「切り抜きツール」を使うのが便利ですが、矩形選択ツールで選択範囲をとってから、その選択範囲を切り抜く方法もあります。どちらで行なっても結果は変わりませんので、その時々で使い分けをすると良いでしょう。

切り抜きツールを使う方法

  1. まずツールボックスにある「切り抜き」を選択します。
  2. 次にトリミングしたい範囲をドラッグして選択します。この時点での選択はざっくりこのくらいという感じでOKです。
  3. 大まかに範囲を選択したら、ツールボックスの下に表示されている「開始位置」と「大きさ」の数値入力欄を使って、切り抜く範囲を細かく調整します。
  4. 切り抜く範囲が確定したら、切り抜き部分をクリックするか、Enterキーを押すとその範囲で画像がトリミングされます。

選択範囲を切り抜く方法

  1. まずツールボックスにある「矩形選択ツール」を選択して、トリミングしたい範囲をドラッグします。
  2. 大まかに選択したら、ツールボックスの下の方にある「開始位置」と「大きさ」の数値入力欄を使って、細かく調整します。
  3. 範囲が確定したら、「画像メニュー」にある「選択範囲で切り抜き」を選択すると画像がトリミングされます。

どちらの方法を使う場合でも、細かく範囲を指定する必要があります。
細かい調整をする場合には、画像を拡大すると便利です。画像の拡大はメインウィンドウの右下にあるプルダウンメニューから操作できます。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします