1. ホーム > 
  2. Webサイト制作 > 
  3. iWebの使い方 > 
  4. フォーマットメニューの使い方(2)

フォーマットメニューの使い方(2)

メニューバーのフォーマットメニューは、フォントのスタイルやテキストを揃える位置、画像のマスク機能などの、様々なフォーマットに関して設定を行うメニューです。また、 […]

  • 2016/5/2
  • 2008/11/27

メニューバーのフォーマットメニューは、フォントのスタイルやテキストを揃える位置、画像のマスク機能などの、様々なフォーマットに関して設定を行うメニューです。また、このメニューでしか操作できない機能も多く含まれています。

このページでは、テキストや図形のマスクなどの機能について解説しています。「フォント」については、メニューバー【フォーマットメニュー】の使い方(1)をご覧ください。

テキストメニューの使い方

フォーマットメニューの中に含まれているテキストメニューは、テキストの揃え位置を設定するメニューです。テキストインスペクタでも同様の操作をする事が可能です。

通常のテキストは「左揃え」で良いと思いますが、見出しなどは中央揃え、日付やちょっとした補足事項などは、右揃えにすると良いでしょう。

フォーマット > テキストのサブメニューを展開したところ

スタイルに関するメニューの使い方

テキストメニューの下にある、「xxxスタイルをコピー」という項目は、選択しているものがテキストなのか、図形や画像などのグラフィックなのかによって、メニューの名前が変わります。

テキストを選択している場合

テキストを選択した場合のフォーマットメニューテキストボックス内のテキストそのものを選択している時に、フォーマットメニューを開くと、「テキストスタイルをコピー」という項目が表示されます。

これは、選択しているテキストの、文字の大きさや太字、行間隔といった、主にテキストインスペクタで設定するスタイルのみをコピーする機能です。

コピーしたスタイルは、同じくフォーマットメニューにある「スタイルをペースト」機能を使って、他のテキストに適用する事ができます。

グラフィックを選択している場合

グラフィックを選択した場合のフォーマットメニュー図形や、写真などの画像を選択している時に、フォーマットメニューを開くと、「グラフィックスタイルをコピー」という項目が表示されます。

これは、選択しているグラフィックの透明度やシャドウの有無といった、主にグラフィックインスペクタで設定するスタイルのみをコピーする機能です。

コピーしたスタイルは、同じくフォーマットメニューにある「スタイルをペースト」機能を使って、他のテキストに適用する事ができます。

マスクに関するメニューの使い方

マスクに関する項目は、「マスク」「図形でマスク」の二つの機能がありますが、この機能に関しては図形の使い方ページで詳しく解説していますので、そちらのページをご覧ください。

インスタントアルファに関するメニューの使い方

図形や画像などのグラフィックに対して、特定の色とそれに近い色をドラッグする事によって選択して、透明にする機能です。

言葉では説明しにくいので、Youtubeに動画をアップロードしました。

この動画では、ハンバーグの写真にインスタントアルファ機能を適用しています。下手な動画ですが、適用した後に選択された範囲が半透明になって、グレーになっているのが分かると思います。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします