1. ホーム > 
  2. Webサイト制作 > 
  3. iWebの使い方 > 
  4. iWebでお問い合わせフォームをページに入れるには

iWebでお問い合わせフォームをページに入れるには

ホームページを制作するときに、サイトの運営者に連絡をとれる手段を用意するのは必須とも言えます。ホームページの記事の信用性も増して、見ている人に安心感を持ってもら […]

  • 2016/5/2
  • 2008/9/3

ホームページを制作するときに、サイトの運営者に連絡をとれる手段を用意するのは必須とも言えます。ホームページの記事の信用性も増して、見ている人に安心感を持ってもらう事もできます。
しかしメールアドレスを公開するのは、スパムメールが増えますのでおすすめできません。

そこで、このページでは無償で利用できるレンタルフォームを使って、iWeb上でお問い合わせフォームのページをつくる方法をご紹介します。

FC2レンタルフォームを使ってお問い合わせページをつくる

ここではブログサービスでおなじみのFC2のレンタルフォームを使ってみます。無料で利用できて機能も豊富です。FC2IDを登録する必要はありますが、登録費用は一切必要ありません。

FC2メールフォーム

まず、下記のURLにアクセスします。すると左のような画面が開きますので、左上にある「今すぐ登録!」ボタンからFC2IDを登録してください。

FC2無料メールフォーム

なお、このページではFC2のレンタルフォームの使い方などは割愛します。
ただどなたでも分かるような作りになっていますし、CGIやプログラムの知識も一切必要ありませんので、チャレンジしてみてください。
また、FC2にはマニュアルなども用意されています。

FC2無料メールフォーム マニュアル

今回は、ほとんど何も手を入れていませんが下のようなフォームが出来上がりましたので、このページをiWebから呼び出してお問い合わせフォームを作成します。

FC2で作成したサンプルフォーム

HTMLスニペットで外部のフォームを呼び出す

まず、お問い合わせページを新たに作成してベース部分を作成してください。ベースが完成したら、HTMLスニペットを呼び出し、下記のコードを貼付けます。
赤字になっている部分はご自分で作成したフォームのURLを指定してください。

<IFRAME SRC=”http://example.com/form/” frameborder=”no” scrolling=”no” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ width=”600″ height=”500″></IFRAME>

HTMLスニペットにフォームを呼び出すソースを入れたところ

「width=」で指定している数字は「フォームの幅」の設定です。「height=」数字は「フォームの高さ」です。それぞれ実際に表示されるフォームを見ながら微調整してください。インターネットにつながる環境であれば、ウェブページキャンパスに先ほどのフォームが表示されるはずです。

これでフォームの設置ができました。今回はFC2のサービスを使ってご紹介しましたが、ほとんどのレンタルフォームでもiWebでの設定は同じです。

正しく設定できていれば、メールフォームが表示されるはずです。それほど難しい事をする必要はありませんので頑張ってみてください。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします