1. ホーム > 
  2. Webサイト制作 > 
  3. iWebの使い方 > 
  4. iWeb Tips > 
  5. iWebのテンプレートテーマを追加してみる

iWebのテンプレートテーマを追加してみる

iWebのテンプレートやテーマのデザインは、ユーザーが追加できるようにはなっていませんが、海外の「JumSoft」というサイトで、オリジナルデザインのiWeb […]

  • 2016/5/4
  • 2009/10/25

iWebのテンプレートやテーマのデザインは、ユーザーが追加できるようにはなっていませんが、海外の「JumSoft」というサイトで、オリジナルデザインのiWeb テンプレートが販売されています。そこで早速一つテンプレートを購入しインストールしてみました。

一つのテンプレートの価格は12.99ドル(2009/11現在)ですので、日本円で約1,200円〜1,300円です。
気になるテンプレート、テーマがあったらダウンロードしてみましょう。

iWebのテンプレートを購入してみる

iWebのテンプレート、テーマはJumsoftのページで概要を確認する事ができます。

http://www.jumsoft.com/iweb-themes/
(現在はiWebテンプレートの販売は終了している様です)

どれもiWeb標準のテンプレートと違った雰囲気があって良い感じです。
私は「COLOR BEAUTY」というテンプレートテーマを選んでみました。早速「Buy theme $12.99」というボタンをクリックして、ショッピングカートに入れます。

ショッピングカートは英語のページですが、臆する事はありません。
入力する内容は日本の通販サイトなどと同じ内容です。ただ、項目が英語で書かれているだけですから。

JumsoftのiWebテーマページ

ショッピングカートで入力する項目

」マークの付いた項目を入力します。

First Nameは名前、Last Nameには苗字を入れます。Adress1には、都道府県以降の住所をローマ字で入れれば良いでしょう。
千代田区一番町1-1なら「chiyoda-ku ichibancho 1-1」という感じです。
Cityには、都道府県名を入れ、Zipは郵便番号です。

jumsoftのショッピングカート画面

支払いはクレジットカードかPayPalが使えます。
すべての情報を入力したら「Checkout」ボタンを押して注文確認画面に移ります。(支払い方法にPayPalを選んだ場合は、PayPalのログイン画面にジャンプします)

注文確認画面で内容に問題が無ければページ右下の「Submit Order」ボタンを押して、決済を行います。

iWebのテンプレートをダウンロードしてみる

無事に決済が完了すると、注文完了画面が表示されて購入したiWebテンプレートテーマのシリアルNoが発行されます。(赤字でSerial Numberと書かれている部分です)このシリアルNoは重要です。控えておきましょう。
次にhttp://www.jumsoft.com/delivery/にアクセスして、iWebテンプレートテーマをダウンロードします。

下のようなフォームが表示されますので、名前、メールアドレス、先ほど控えたシリアルNoを入力して「Download Now」をクリックすると、テンプレートのダウンロードが始まります。

テンプレートのダウンロード画面

iWebのテンプレートのインストールはとても簡単でした

ダウンロードしたテンプレートテーマはdmg形式になっていますので、いつも通りダブルクリックでマウントするだけです。
マウントしたディスクには、下のようにテンプレートテーマのインストーラがありますので、これまたいつも通りダブルクリックしてインストールするだけです。

テーマのパッケージをFinderで開いたところ

これでiWebを起動すると「jumsoftテーマ」という項目が追加されていて、購入したテンプレートテーマが選べるようになっています。

iWebのテーマ画面にJumsoftテーマが追加されたところ

Jumsoftで購入したiWebのテンプレートテーマはとても簡単にインストールする事が出来ましたが、自分自身で作成したテーマを自由に配布できるようにしてくれると、とても良いですよね。

出来の良くないテンプレートが出回るのが嫌なら、AppStoreのようにアップルの審査が必要になるとか、そうすれば良いのでは?
iWebStoreみたいな感じにすれば、テーマを作るデザイナーも増えて、iWebの魅力がさらに増すように思うのは私だけでしょうか。

iWebについて

iWebは2011年7月に公開されたバージョン3.0.4以降、アップデートされておらず、最新のOSX環境で正常に動作するか分かりません。
そのため、MacでWebサイトの作成をする場合は、有料で販売されているソフトか、WordPressなどのCMSを利用されることをお勧めします。

WordPressの使い方

WordPressの導入から基本的な使い方、プラグインの活用、テーマのカスタマイズまで、WordPressの使い方全般をまとめています。

無料で利用できるホームページ作成ソフトには、オープンソースのKompozerもありますが、こちらのソフトも2011年以降バージョンアップしておらず、最新環境で正常に動作するか分かりません。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします