1. ホーム > 
  2. Webサイト制作 > 
  3. iWebの使い方 > 
  4. iWeb Tips > 
  5. iWebの公開エラーの対処方法

iWebの公開エラーの対処方法

iWebで「.Macに公開」「フォルダに公開」を選んだ時に、「公開エラー」という原因不明のエラーが発生するときがあります。 iWeb’08の場合、iWeb2.0 […]

  • 2016/5/4
  • 2007/10/25

iWebで「.Macに公開」「フォルダに公開」を選んだ時に、「公開エラー」という原因不明のエラーが発生するときがあります。

iWeb’08の場合、iWeb2.0.2以上にアップデートする事で、この問題は発生しなくなっています。

公開エラーに悩まされている方は、まずソフトウェアアップデートもしくは、こちらのアップルサポートページより、最新のアップデートをダウンロードしてインストールしてみてください。

公開エラーの対処方法は…

私の今までの経験上では、公開エラーが出るときはiWebのデータが壊れている場合がほとんどです。
データが壊れる時には、ほとんど何の前ぶれも無く壊れます。私の場合、いつの間にか、ブログページがきちんと表示できないなどの症状が出ました。

そこで、行った対処が”こまめなバックアップ”です。いかにデータが壊れようが、「バックアップしたデータをコピーして復元すれば良い」という結論です。

iWebデータの保存場所とバックアップ方法は、iWebのデータをバックアップする方法をご覧ください。

iWebについて

iWebは2011年7月に公開されたバージョン3.0.4以降、アップデートされておらず、最新のOSX環境で正常に動作するか分かりません。
そのため、MacでWebサイトの作成をする場合は、有料で販売されているソフトか、WordPressなどのCMSを利用されることをお勧めします。

WordPressの使い方

WordPressの導入から基本的な使い方、プラグインの活用、テーマのカスタマイズまで、WordPressの使い方全般をまとめています。

無料で利用できるホームページ作成ソフトには、オープンソースのKompozerもありますが、こちらのソフトも2011年以降バージョンアップしておらず、最新環境で正常に動作するか分かりません。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします