1. ホーム > 
  2. Webサイト制作 > 
  3. KompoZerの使い方 > 
  4. KompoZerでCSSファイルを読み込む方法

KompoZerでCSSファイルを読み込む方法

すでにあるホームページをKompozerで編集する場合など、作成してあるCSSファイルを作成したページに読み込みたい場合があると思います。 そういった場合でも、 […]

  • 2012/1/14
  • 2011/12/11

すでにあるホームページをKompozerで編集する場合など、作成してあるCSSファイルを作成したページに読み込みたい場合があると思います。
そういった場合でも、Kompozerではソースコードに一切触れる事なくCSSファイルを追加する事ができます。
それではさっそく操作方法を見ていきましょう。

  1. まず作成したCSSファイルを、Kompozerで編集しているホームページを保存しているフォルダ(Kompozerで作成した「サイト」のフォルダ)に移します。
    適宜CSSフォルダなどを作成していると思いますので、CSSファイルを管理しているフォルダに移動しておきます。
  2. 次にツールバーのCSSアイコンをクリックして、CSSエディタを表示します。
  3. CSSエディタの右上のアイコンの横にある小さな三角のマークをクリックして、「新しいlink要素」を選択します。
  4. フォルダの絵が書いてある「選択」ボタンをクリックして、先ほど移動しておいたCSSファイルを選択します。
  5. 「スタイルシートの作成」ボタンをクリックすると、現在開いているHTMLファイルにCSSを呼び出すタグが設定されます。

CSSファイルは数を多く呼び出すようにしてしまうと、デザインの管理上問題が発生する場合があります。
よくあるパターンとしては、同じ箇所のスタイル定義を多くのCSSファイルに書いてしまって、どのファイルを修正すれば良いのかが分からなくなってしまうという事もあります。
また上書きに上書きを重ねていくと、スパゲッティのようになってしまって修正作業が困難になってしまう事も考えられます。
CSSファイルは出来る限り少ないファイル数にまとめておき、後で修正する時にも修正がしやすい環境を整えておきましょう。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします