1. ホーム > 
  2. Webサイト制作 > 
  3. KompoZerの使い方 > 
  4. KompoZerでサイトを公開するための準備

KompoZerでサイトを公開するための準備

KompoZerで作成したホームページをサーバーにアップロードして公開するには、まずKompozer上で「サイト」を作成してサーバーの情報を設定する必要がありま […]

  • 2016/9/12
  • 2012/1/14

KompoZerで作成したホームページをサーバーにアップロードして公開するには、まずKompozer上で「サイト」を作成してサーバーの情報を設定する必要があります。

KompoZer上の「サイト」とは、コンピュータに保存されているファイルの場所を指定すると共に、アップロードするサーバーの情報を保存しておく入れ物のようなものだと考えていただければ分かりやすいかと思います。

それではさっそく設定をしてみましょう。
設定する前に、レンタルサーバーの会社から通知されている、サーバーのアドレスやログインID、パスワードなどの情報を用意してください。

これからレンタルサーバーを用意するという方は、レンタルサーバーの選び方などを【法人・個人向け】レンタルサーバーの選び方ガイドにまとめましたので、ぜひご覧ください。

コンピュータにファイルを保存する場所を作る

まずは作成したHTMLページやCSS(スタイルシート)、画像などを「自分のパソコン上に保存しておく場所」を作ります。

保存しておく場所は任意の場所で大丈夫ですので、Windowsの場合はマイドキュメント内に、Macの場合はサイトフォルダ内に作成すれば良いでしょう。

ここでは「sample」というフォルダを作成して、そのフォルダ内にHTMLファイルなどを保存していくという仮定で話を進めます。

KompoZerの公開するサイトのファイル保存場所を設定

まずは公開するサイトのファイル保存場所(先ほど作成したsampleフォルダの事です)のフォルダを指定します。

編集メニューの「公開サイト設定」を選ぶか、KompoZerサイトマネージャのコンピュータのアイコンをクリックします。

  • site-open-reparation_1
  • site-open-reparation_2

保存先のフォルダを選択するウィンドウが表示されますので、先ほど作成した「sample」フォルダを指定します。

ローカル側の情報を設定する「一般設定」

ファイルの保存場所を指定すると、右のような「公開設定」というウィンドウが開きますので、必要事項を順に設定していきます。

まずは「一般設定」のタブで、自分のパソコンに保存した「サイトの名前」の設定や「ファイルパス」の確認、「サーバーに公開した後のURL」の設定などを行います。

  • サイト名

    Kompozerサイトマネージャで使うサイト名です。基本的にはサイトの名前と同じ名前を設定しておけばいいと思いますが、それ以外でも分かりやすい名前を設定しておくと良いでしょう。
    (0.8b3ではサイトの設定を開くたびに空白になってしまいます。元々あまり頻繁に開くメニューではありませんが、表示するたびに設定をし直す必要があります。)

  • サイトフォルダ

    先ほど選択した「sample」フォルダへのパスが入力されているはずですので、特に操作をする必要はありません。

  • サイトのhttpアドレス

    公開後のサイトのURLをhttp://から入力しておきます。

  • 接頭語

    特に何も入力する必要はありませんので、空白でも問題ないはずです。

公開するサーバのログイン情報などを設定する「FTP設定」

次にFTP設定画面にて、作成したホームページをアップロードするサーバーのログイン情報を入力します。

FTPの情報設定しなくてもホームページの作成を行うことはできますので、まだレンタルサーバーの手配をしていないという場合でも問題はありません。
サーバーの準備が整ったときに設定を行うこともできます。

  • サーバーのアドレス

    レンタルサーバーを使う場合でも、プロバイダのホームページ公開サービスを利用する場合でも「ftp://」で始まるアドレスを渡されるはずですので、そのアドレスを入力します。
    もし分からない時には利用するサーバーの管理会社に確認をしてください。

  • ユーザー名

    FTPサーバーにログインする為のユーザー名です。

  • パスワード

    同じくFTPサーバーにログインする為のパスワードです。

  • 接続タイプ

    一般的なサーバーであれば基本的に何も設定しなくて大丈夫ですが、もしサーバの接続がうまく出来なくてページが公開できない場合などは、Passiveモードのチェックを入れて試してみて下さい。

以上の設定を済ませれば、KompoZerサイトマネージャに先ほど設定したサイト名が表示されるはずです。

これでサイトを公開する為の準備は整いました。さぁホームページ作りを始めましょう!

Webデザイン・プログラムスキルを身につけたい方におすすめしたいスクール

私もWebスキルを身につけるためにスクールに通いましたが、正直言って「趣味の講座レベルのスクール」が多く、実践的なスキルを身につける事ができるスクールは多くありません。

ただ全くの未経験ではWebを仕事にする事が難しいのも事実。そこでWebの実践的なスキルを身につけられるスクールをご紹介します。

スクールの価格は安くありませんので、まずは無料体験レッスンや無料カウンセリングで体験してみて、良さそうだなと思ったら本格的に取り組む方法をおすすめします。

Webスク(6か月のガッチリ型)

半年間、オンラインとオフラインのカリキュラムで「即戦力」と呼ばれるような人材になるためのスクール。業界の企業を見学するオフィスツアーやIT企業の人事担当との交流会など、現実的なキャリア形成のイメージを作れる機会があるのが良いです。

無料体験レッスンでは、キャリア形成の相談もできます。

WebCamp(1か月の集中型)

こちらは1ヶ月の短期集中型。と言っても、最初のカウンセリングを通してカリキュラムは個人ごとのオーダーメイドなので、自分の都合で学べるのが良いです。

このご時世、直接Web制作に携わらない部署の人もWebに関する知識は必要なので、社会人の方の受講も多いです。

CodeCamp(2〜6か月のカスタマイズ型)

現役エンジニア・デザイナーからマンツーマン指導が受けられるスクールです。内容的には他のスクールにひけはとらないにもかかわらず、オンラインのみなので価格が安いのが良いです。

新卒などの社内研修でも利用されているので、社員のスキルギャップに悩んでいる方にも良いかもしれません。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします