1. ホーム > 
  2. Webサイト制作 > 
  3. WordPressの使い方 > 
  4. 投稿と固定ページの違いとは?

投稿と固定ページの違いとは?

投稿と固定ページ。WordPressの新しいページを作成する2つの機能の違いを解説します。それぞれの特徴をつかんで適材適所で使うことで、使いやすいだけでなくSEO効果も高い構造を作ることができます。

  • 2017/1/16
  • 2016/4/20

WordPressでページを作るときには、投稿か固定ページを使います。
どちらもページを作る機能を持っていますが、それぞれの違いをご紹介しましょう。

「投稿」とは

「投稿」で作ったページは公開した順にトップページに並ぶので「ブログ」を書くときに使います

以下のような特徴があります。

  • トップページ・カテゴリページに公開した順に並ぶ。
  • RSSフィードに掲載される。
  • 日別や投稿者別アーカイブなどが自動で作成される。
  • カテゴリーとタグを設定できる。

「投稿」で作成したページは、カテゴリーやタグに属するページになります。
カテゴリーページは、投稿で作成したページの「親ページ」とも言え、同じカテゴリー内に投稿でページを増やしていくと、カテゴリーページのSEO効果が高まってきます。

カテゴリーページと投稿ページの関係を説明した図

そのため、どんなカテゴリー名にするのか、きちんとSEOキーワードを考えてから設定することが、SEO効果を高めるためには重要です。

「固定ページ」とは

「固定ページ」で作ったページは、トップページなどと連動しない独立したページになります
どのカテゴリーにも属さない「お問い合わせ」や「このサイトについて」「会社案内」などを書くときに使います。

以下のような特徴があります。

  • カスタムメニューなどでリンクを設置する必要がある。
  • 固定ページ同士で階層構造を作ることができる。
  • デザインテンプレート使って、固定ページごとにデザインを変更することができる。

固定ページはカテゴリーやタグの設定はできませんが、固定ページ同士で階層構造を実現することができます。

固定ページの親子関係を説明した図

会社案内ページを親ページとして、会社概要や役員紹介などのページを子ページにするといった使い方をすることができます。

また、ページごとにデザインを変えられる点は固定ページの大きな特徴です。
以下のページで詳しく解説しています。

WordPressの固定ページの基礎から応用まで徹底解説
WordPressの固定ページを作成する方法や、テンプレートを追加してデザインを変更する方法、カテゴリページへのリンクを設置する方法など応用も解説。

まとめ

ブログ記事を書くときには投稿を使い、独立したページを作るときには固定ページを使う。このことを基本として覚えておき、適材適所で使い分けましょう。

また、プラグインを利用すれば固定ページにタグを設定することができるなど、それぞれの使い方の幅が広がります。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします