1. ホーム > 
  2. Webサイト制作 > 
  3. WordPressの使い方 > 
  4. WordPressにプラグインをインストールする方法

WordPressにプラグインをインストールする方法

WordPressの機能を拡張してくれるプラグインの探し方から、インストール、有効化の方法、不要なプラグインの無効化や削除する方法を解説。

  • 2018/4/19
  • 2016/12/21

WordPressはインストールしたばかりの状態でも高機能ですが、「プラグイン」という機能拡張プログラムを追加することで、さらにいろいろな機能を追加することができます

WordPress公式サイトのプラグインに掲載されているプラグインを「公式プラグイン」、それ以外のプラグインを「非公式プラグイン」と言います。

プラグインのインストール方法

プラグインをインストールする方法には、プラグインの探し方によって3つの方法があります。

  1. 管理画面で検索してインストールする
  2. ZIPファイルをアップロードしてインストールする
  3. FTPでアップロードしてインストールする

それぞれの探し方とインストール方法を解説します。

WordPressの管理画面でプラグインを探してインストール

この方法が、WordPress初心者の方でも簡単にプラグインを探してインストールできる方法です。

WordPressにログインしてダッシュボードが表示されたら、「プラグイン」にマウスカーソルを重ねて「新規追加」をクリックします。

「注目」「人気」「おすすめ」「お気に入り」などのメニューが並んでいますが、「人気」メニューか「キーワードで検索して」目的のプラグインを探します。

人気のプラグインから探す

多くの人が使っているプラグインが人気順に並んでいます。

お問合せフォームを作成する「Contact Form 7」、SEO対策用の「All in One SEO Pack」などの定番プラグインが上位に表示されますので、ここから目的のプラグインを探すのが良いでしょう。

右上と右下に次のページを表示するリンクがありますので、数ページ見れば探しているプラグインが見つかるでしょう。

キーワードで検索して探す

右上のテキストエリアにプラグインの名前などを入力して探す方法です。
ただ、あまり検索精度は高くありませんので、インストールしたいプラグインの名前まで分かっている時向けですね。

プラグインの情報を確認する方法

プラグインの名前か詳細情報のリンクをクリックすると、プラグインの情報やインストール後の記事イメージを確認できます。

SNSのシェアボタンを表示するプラグインなど「デザインも重要なプラグイン」は、どんな感じで記事に表示されるのか確認しておきましょう。

プラグインのインストール

インストールしたいプラグインが見つかったら、「今すぐインストール」ボタンからインストールします。

プラグインのZIPファイルをサーバーにアップロードしてインストール

WordPress公式サイトのプラグインからダウンロードした公式プラグインなど、ZIP形式で圧縮されたプラグインファイルをWordPressからサーバーにアップロードしてインストールする時に使います。

  1. WordPressにログインして「プラグイン」→「新規追加」をクリック、「プラグインのアップロード」をクリックします。
  2. ファイルを選択をクリックし、アップロードするプラグインのZIPファイルを選択します。
  3. 「今すぐインストール」をクリックすると、プラグインのインストールが始まります。

WordPress公式サイトに掲載されていない非公式プラグインは、ウイルスなどが仕組まれている可能性がありますので、利用する場合には配布サイトや作成者を確認してから利用しましょう。

FTPクライアントでサーバーにファイルをアップロードしてインストール

プラグインのファイルをまとめたフォルダを、FTPソフトでサーバーにアップロードしてインストールする事もできます。

インストール済みプラグインのバックアップや再インストール時に便利な方法です。

以下のディレクトリに、プラグインのディレクトリごとアップロードしてください。

(WordPressをインストールしたディレクトリ)/wp-content/plugins

「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」ページに、アップロードしたプラグインが表示されていればインストールは成功です。

FTPソフトの使い方は、FFFTPの使い方(Windowsの場合)、サイバーダックの使い方(Macの場合)で解説しています。

プラグインを有効化する方法

プラグインはインストールした後に「有効化する」ことで利用できるようになります。

プラグインのインストールが終わったページで、「プラグインを有効化」のリンクをクリックすればプラグインを利用できるようになります。

または、「プラグイン」→「インストール済みのプラグイン」から、該当プラグインの「有効化」リンクをクリックしてもOKです。

不要になったプラグインを無効化・削除する方法

使用しなくなったプラグインや、インストールしたものの自分が欲しい機能が無かった場合などは、プラグインを削除しておきましょう。

「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」ページから、該当プラグインの「停止」をクリックするとプラグインを無効化することができます。
(有効化されていない場合「停止」のリンクは表示されません)

不要なプラグインは「削除」のリンクをクリックして削除しておきましょう。

プラグインはWordPressに便利な機能を追加してくれますが、インストールする数が多くなると機能がバッティングしたり、Webサイトの表示速度が遅くなったりしてしまう可能性があります。

プラグインの設定

インストールしたプラグインは、何の設定もせずに利用できるものと、設定をする必要があるもの、テンプレートファイルに修正をする必要があるものなど様々です。

プラグインの一覧に「設定」表示されているプラグインは、何らかの設定ができるプラグインです。(初期設定が必須とは限りません)

例えば、お問い合わせフォームをWordPressに追加する「Contact Form 7」は、インストール後にフォームの内容を作る必要があります。
プラグイン一覧で「設定」をクリックすれば、「Contact Form 7」の設定ページが開きます。

他にも、テンプレートファイルに指定のコードを設置することで、記事に表示されるようになるものもあります。
詳しくは、各プラグインの解説をご覧ください。

WordPressのプラグイン機能別おすすめ10選
「どのプラグインをインストールしたらいいの?」WordPressのプラグインを使う時のそんな疑問を解消!便利で設定が分かりやすいという基準で選んだおすすめプラグイン10選をご紹介。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします