1. ホーム > 
  2. Webサイト制作 > 
  3. WordPressの使い方 > 
  4. WordPressへのログイン方法とログインできない時の対処法

WordPressへのログイン方法とログインできない時の対処法

WordPressの管理画面にログインする方法、ログアウトする方法を解説。ログインできない場合の原因と対処方法や、管理画面のセキュリティを高める方法もあわせて解説しています。

  • 2018/1/13
  • 2018/1/13

WordPressの管理画面にログインする方法

インストールしたWordPressに記事を投稿したり、プラグインをインストールしたりするには、WordPressの管理画面から行います。

WordPressログインURL
https://ドメイン名/WordPressをインストールしたフォルダ/wp-login.php

ドメインのルートディレクトリにWordPressをインストールした場合には
https://ドメイン名/wp-login.php
でアクセスできます。

http://ドメイン名/wp-admin/
でもログイン画面が表示されます。

WordPressのインストール時に設定した、ユーザー名(またはメールアドレス)とパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

「ログイン状態を保存する」のチェックをONにしておくと、14日間はパスワードの入力が不要になります。(functions.phpにフィルターを記述して保持期間を変更可能)

この機能はCookieを使って実現している機能です。
自分のパソコンでログインしているのであれば、ブラウザにパスワードを記憶させておく方が楽でしょう。

管理画面からログアウトする方法

WordPressの管理画面右上に表示されている「こんにちは、〇〇さん」の部分にマウスカーソルを合わせます。(「〇〇」の部分にはログインしているユーザー名が入ります。)

「ログアウト」をクリックするとログアウトして、WordPressのログイン画面に遷移します。

ログインできない時の対処法

WordPress管理画面にログインできない時のよくある原因と対処法について解説します。

パスワードを忘れたときの対処法

WordPressのログイン画面で「パスワードをお忘れですか?」のリンクをクリックします。

WordPressに登録されているユーザー名かメールアドレスを入力して「新しいパスワードを取得」ボタンをクリックします。
WordPressをインストールする時に設定したメールアドレスを入力するのが簡単です。

入力したユーザーのメールアドレスか、入力したメールアドレスに「パスワードのリセット」という件名でメールが届きますので、メール内のURLをクリックします。

パスワード設定画面が開きますので、新しいパスワードを設定して「パスワードをリセット」ボタンをクリックします。

Cookie無効化エラーが表示された時の対処方法

WordPressを使うためにはCookieが有効になっている必要があります。
下のようなエラーが表示されたらブラウザのCookie機能が無効化されていますので、有効にして再ログインしてみましょう。

ブラウザごとのCookieの有効化方法

管理画面がNotFoundになってしまったときの対処方法

WordPressの管理画面がNot Foundになってしまう場合は、FTPソフトでレンタルサーバー上のWordPressをインストールしたフォルダにアクセスして、wp-config.phpに以下のコードを書いてアップロードします。

define(‘RELOCATE’, true);

記述する場所はファイルの一番最後で良いです。

これでWordPressの管理画面にアクセスすれば、ログイン画面が表示されるはずです。

この問題の原因

WordPresssは「https://example.com/wordpress/」にWordPressをインストールし、サイトのトップページを「https://example.com/」にするという事が可能です。

これは、管理画面の一般設定で変更可能です。

「WordPress アドレス (URL)」はWordPressの管理画面へのURL、「サイトアドレス (URL)」は構築したサイトのトップページのURLです。

上記のような設定がされている時に、「WordPress アドレス (URL)」を「https://example.com/」にしてしまうと、管理画面にログインしようとしてもNot Foundになってしまいます。

管理画面が真っ白になってしまったときの対処方法

WordPressの管理画面やウェブページが真っ白な画面になってしまうのは、テーマのPHPファイル内のコードが間違っている事が原因です。

直前にテーマのPHPファイルを修正しませんでしたか?
修正した部分を見直して、FTPソフトを使ってPHPファイルを再アップロードしましょう。

上記の症状が起きていないときの対処方法

いままで解説したような症状が起きていないにもかかわらず、WordPressの管理画面にアクセスできない場合は、以下の対処を実行してみてください。

Cookieを削除してみる

WordPressに正常にログインできない場合、古いCookieファイルが原因の場合があります。
どうしてもログインできない場合はCookieファイルを削除してみましょう。

プラグインをすべて無効化してみる

WordPressにログインできない原因がプラグインの可能性もあります。その場合には一度プラグインをすべて無効化してみましょう。

プラグインをすべて無効化するには、FTPソフトでサーバーにアクセスし、プラグインが格納されているフォルダ名を別の名前にするだけで大丈夫です。

プラグインはWordPressがインストールされているWordPressアドレスの以下のフォルダに格納されています。

/wp-content/plugins/

「plugins-2」などにフォルダ名を変更すればプラグインをすべて無効にすることができます。

WordPressログイン画面のセキュリティを高める方法

もしWordPress管理画面に不正アクセスされてしまったら、最悪すべてのコンテンツが消去されてしまったり、不適切なコードを挿入されてしまったりする可能性があります。

ここで解説する方法を使ってセキュリティを高めておきましょう。

ログインパスワードを推測しにくいものに変更する

ログインパスワードはついつい「分かりやすいもの」「すぐに思い出せるもの」にしがちですが、簡単に推測できるパスワードだと不正アクセスを許してしまう可能性があります。

英数字、記号などを使って容易に推測できないようなパスワードにしておきましょう。
他のサービスと同じパスワードを設定する方もいますが、ひとつのパスワードが流出してしまうだけで、あらゆるサービスにログインできてしまうので止めましょう。

2段階認証を設定する

2段階認証とは、ログインIDとパスワードに加えてスマホで生成されたセキュリティコードを使ってログインする認証方法です。

Googleの2段階認証アプリを使えるWordPressプラグインがありますので、2段階認証の設定自体も簡単です。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします