1. ホーム > 
  2. Webサイト制作 > 
  3. WordPressの使い方 > 
  4. WordPressにテーマを追加する方法

WordPressにテーマを追加する方法

インターネット上で公開されているWordPressのテーマを追加したり、ファイルを上書きしたりする方法を解説。無料で使いやすいFTPクライアントがありますので、はじめての方でも簡単です。

  • 2017/1/3
  • 2015/4/25

WordPressには公開されている独自テーマをインストールする機能が備わっています。

ここでは独自テーマをWordPressにインストールする方法を説明します。

管理画面からテーマをインストールする方法

WordPressの管理画面からZIPで圧縮されたテーマフォルダをアップロードしてインストールする事ができます。
たいていのWordPressテーマはZIP形式で圧縮された状態で配布されています。

ダウンロードしたファイルをそのまま自分のブログの管理画面からアップロードすればテーマのインストールは終わるので、初心者の方でも分かりやすい方法です。

まずWordPressの管理画面にログインしたら、外観>テーマをクリックします。

インストールしてあるテーマの一覧が表示されますので、画面上部の新規追加をクリックします。

テーマの追加画面が表示されますのでテーマのアップロードをクリックします。

ZIPファイルを選択する画面でインストールするテーマのZIPファイルを選択して、いますぐインストールをクリックします。

これでテーマのインストールは完了です。
テーマの選択画面が表示され、インストールしたテーマが表示されているはずです。

上図は当サイトオリジナルテーマ[takeroot]をインストールしたところ。

上書きアップロードは不可

管理画面からZIPファイルをアップロードする方法は手軽ですが、すでに存在するテーマファイルの上書きをすることはできません。もしすでにインストールしているテーマとフォルダ名が同じテーマファイルをインストールしようとすると、以下のようなエラーが表示されてアップロードをすることができません。

上書きアップロード(テーマのバージョンアップなど)をする場合は、次のFTPを使ってテーマをインストールする方法を使います。

FTPを使ってテーマをインストールする方法

FTPクライアントソフトを利用して、テーマファイルをWordPressの稼働するサーバーにアップロードする方法です。
多少のFTPに関する知識などは必要ですが、それほど難しい作業ではありません。

また、テーマがバージョンアップした時に更新するには、FTPを使って更新されたテーマファイルをアップロードする方法を使います。

代表的なFTPクライアントソフト

WindowsであればFFFTPWinSCP、MacintoshならCyberduckなどが使いやすいと思いますので、インストールしておきましょう。


  • WinSCP

  • Cyberduck

どちらも日本語化されていて無料で使えます。

まずはWordPressがインストールされているサーバーに接続します。
FTPで接続するための情報は、サーバーの契約をした時にメールなどで送られてきているはずです。

FTPでサーバーに接続するために必要な最低限の情報は以下の3つです。

  • ホスト(アドレス)
  • ユーザー名
  • パスワード

FTP接続がうまくできない!という方は、借りているサーバーのマニュアルページを探してみてください。
FTP接続に関するページがあるはずです。

FTPで接続ができたら、以下のフォルダにアクセスします。

WordPressのインストールされたフォルダ/wp-content/themes
※WordPressのインストールされたフォルダは適宜ご自分の環境に置き換えてください。

このフォルダがWordPressのテーマを格納するフォルダですので、インストールしたいテーマファイルをフォルダごとこのフォルダにアップロードすれば、テーマのインストールは完了です。
(テーマファイルがZIPで圧縮されている場合は解凍して出来たフォルダをアップロードして下さい。)

FFFTPやCyberDuckの使い方は、以下のページをご覧ください。

FFFTPの使い方
Windows用FTPソフトの定番「FFFTP」でサーバーへの接続や切断、ファイルのアップロードなどの基本的な使い方を解説。便利なFFFTPの活用Tipsもあわせてご紹介。

Cyberduck(サイバーダック)の使い方
Windows、Macで利用できるFTPソフト、Cyberduck(サイバーダック)の基本画面説明、便利に使えるようにする環境設定、サーバーに接続する方法やブックマークの使い方を解説。

テーマに新しいCSSやPHPファイルを追加する方法

追加したテーマに新しいCSSやPHPテンプレートファイルを追加したい場合もFTPを利用します。
追加したテーマのフォルダ内にアップロードしてください。

WordPressのインストールされたフォルダ/wp-content/themes
※WordPressのインストールされたフォルダは適宜ご自分の環境に置き換えてください。

テーマフォルダにアップロードすれば、追加したCSSやPHPテンプレートも管理画面の「テーマの編集」から更新することができます。


※テーマに追加した「common.css」を管理画面から編集しているところ

Webデザイン・プログラムスキルを身につけたい方におすすめしたいスクール

私もWebスキルを身につけるためにスクールに通いましたが、正直言って「趣味の講座レベルのスクール」が多く、実践的なスキルを身につける事ができるスクールは多くありません。

ただ全くの未経験ではWebを仕事にする事が難しいのも事実。そこでWebの実践的なスキルを身につけられるスクールをご紹介します。

スクールの価格は安くありませんので、まずは無料体験レッスンや無料カウンセリングで体験してみて、良さそうだなと思ったら本格的に取り組む方法をおすすめします。

WebCampPro(3ヶ月の超ガッチリ型)

3ヶ月の実践カリキュラムと3ヶ月のキャリアサポートで「転職・就職を保証してくれる」スクール。来校型のスクールですが、平日は毎日13:00以降、講師が常駐しているので質問や疑問もすぐに解消できるのが良いです。それぞれの学習スピードに合わせてカリキュラムが組まれますが、3ヶ月間という短期で一人前のエンジニアになるのが目標なので、かなりきつい部分もあるかと思います。

しかし裏を返せば「本気でキャリア形成をしたい」、「プログラムを仕事にしたい」という方にはピッタリなスクールです。

WebCamp(1か月の集中型)

こちらは1ヶ月の短期集中型。と言っても、最初のカウンセリングを通してカリキュラムは個人ごとのオーダーメイドなので、自分の都合で学べるのが良いです。

このご時世、直接Web制作に携わらない部署の人もWebに関する知識は必要なので、社会人の方の受講も多いです。

CodeCamp(2〜6か月のカスタマイズ型)

現役エンジニア・デザイナーからマンツーマン指導が受けられるスクールです。内容的には他のスクールにひけはとらないにもかかわらず、オンラインのみなので価格が安いのが良いです。

新卒などの社内研修でも利用されているので、社員のスキルギャップに悩んでいる方にも良いかもしれません。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします