1. ホーム > 
  2. 仕事効率化 > 
  3. 仕事に集中できる音楽や環境音 おすすめ3つ

仕事に集中できる音楽や環境音 おすすめ3つ

仕事や勉強に集中できる音楽や環境音は人それぞれ。静かな環境だと逆に小さな物音が気になって集中できない場合も。集中できる音楽や環境音のおすすめを3つご紹介します。

  • 2016/11/22
  • 2016/2/18

私は自宅を事務所代わりに使っていますので、様々な誘惑と戦わなくてはいけません。ついつい食事の時に見ていたテレビをだらだらと見てしまったり、YouTubeをだらだらと見てしまったり。

どうしても集中できない時は散歩をしたり、ファミレスや図書館に行って仕事をしたりすることもありますが、土日は混んでいることも多く予想以上にうるさかったり、Wifi環境が貧弱なので、できる仕事が限られてしまうのが悩みです。

そのため、自宅でも集中できる環境を作るということはとても切実な問題なのです。

静かな環境だと、逆に集中できない場合も

仕事や勉強に集中するためには、五感を絞り込むといいと言われています。集中して聞きたいときに目を閉じるというようなことです。
ならば静かな環境の方がいいのでは?と思いますが、静かな環境だとちょっとした音でも気になってしまい集中できなくなることがあります。

セミナーなどで、誰かがキーボードを打つ音が気になって講師の話に集中できない、新幹線でキーボードの音が気になって眠れない。
これは静かだからこそ逆に小さな物音に反応してしまう例です。

そのため、逆に脳が無視してしまうほどの多数の音を耳から入れて、聴覚を絞ってしまうのが集中できる環境作りに必要だと言われています。
私の知人の中にも、受験生の時からファミレスに行かないと集中して勉強できないという人もいますし、私自身も一番集中できる場所は「電車の中」だなと感じます。

これも脳が無視してしまうほどの多数の音を耳から入れて、勉強や仕事に集中させるという例です。

歌よりもインストゥルメンタルの方が集中しやすい?!

歌詞がある歌をBGMにして聞いていると、歌詞に意識が向いてしまって目の前の仕事に集中できなくなってしまうことがあります。
そのため歌詞のないインストゥルメンタルの方が仕事に集中しやすい環境を作れると言えます。

何千回と聞いている歌であれば大丈夫という意見もあるようですが、私は20年以上聞いている歌でも歌詞を口ずさむと意識が歌に向いてしまうのでダメです。

しかし、HTMLコーディングなどのあまり考えなくてもいい作業や、アクセス解析のデータをエクセルに書き写すだけの繰り返し作業をする場合は、気持ちを高ぶらせてノリノリで作業をするために、あえてノリの良い歌をBGMにする場合もあります。

集中して思考力を使うときはインストゥルメンタル、繰り返し作業でメンタルが落ちそうな時はノリの良い歌というように使い分けをしています。

仕事に集中できるおすすめの音楽・環境音

どんな環境が一番集中できるのかは人それぞれ違います。カフェやファミレスでは仕事できないという人もいますし、雑音がない静かな環境でないと仕事ができないので、ここでご紹介する方法・音楽は、あくまでも一例に過ぎないことをあらかじめご了承ください。

1.電車の前面展望動画

YouTubeには鉄道ファンが撮影した「電車の前面展望」の動画が多数公開されています。趣味として公開されている動画ですが、中にはフルHDの高画質・高音質の動画もあり、高品質なものは環境音としても活用できます。

動画の長さも、30分程度のものから2時間を超えるものもあり、撮影されている路線も様々です。自宅近くを走っている路線や、出かけてみたかった場所を走る路線など、チョイスの方法もいろいろと選べます。

例えばこちらの動画は、新宿から長野県の松本までを結ぶ「特急あずさ」の前面展望動画ですが、2時間46分もの長編動画です。

途中の甲府まで行ったら一回休憩しようとか、ちょっと旅行をしているような気分も味わいつつ、しっかりと区切りもつけながら仕事ができるのでおすすめです。

個人的には、都会を走る電車よりも北海道や東北などの地方のローカル線の動画の方が好きです。

2.ジャズやボサノバなどの音楽動画

よくカフェやレストランで流れているような音楽もYouTubeに動画が公開されています。ごく小さなボリュームでこう言った音楽を流しておくのも、作業に集中力を保つためにはいいかもしれません。

この音楽動画も3時間半の長さがありますので、仕事中にかけておくのにはピッタリです。しかも毎週新しいオリジナル曲を公開しているそうですので、飽きることもありません。

他にもYouTubeにはいろいろな長編の音楽動画がありますので、自分の好みの音楽を探してみてはどうでしょうか。

3.iTuensで聴くインターネットラジオ

iTuensはApple MUSICや自分でCDから変換した曲を聴くだけのアプリではありません。
JAZZやROCKなど多彩な音楽を聴くことのできるインターネットラジオ機能もあります。

ただ、チャンネルによっては普通のラジオのようにトークが含まれていることもありますので、「明確に聞き取れる話し声が聞こえると集中できない」という場合はチャンネルの選定が重要です。

個人的には、JAZZのチャンネルの中でビットレートの高いチャンネルを適当に選んで聞いています。

私がカフェやファミレスで仕事に集中できない理由

何も無理やり環境音や音楽をかけなくても、そういう雑音がある方が集中できる人はカフェやファミレスで仕事をすればいいじゃないと思われるかもしれませんが、私はカフェやファミレスで仕事をするのが苦手です。

まずWifiがあるところならいいのですが、カフェやファミレスにはインターネット環境がない場合も多く、いざ調べ物をしようと思ってもスマホのテザリングで対応する必要がある点です。

ちょっとした調べ物だけならいいですが、ブログ記事を書く場合などは結構調べることも多いので、テザリングでは回線が遅いことがストレスになる上に使用する通信容量も心配です。

次に作業スペースの問題です。
広めのテーブルがある店ならいいですが、山手線内のカフェなどはテーブルが小さく、一人一人のスペースが狭いことも珍しくないので、かなり窮屈な体勢で仕事をすることになります。

1時間も続けていると肩もこりますし、背中も痛くなってきます。定期的に柔軟体操でもすればいいのですが、狭いカフェの店内ではあまり派手に動くこともできないので、だんだん辛くなってきてしまいます。

他にも、トイレに行く時パソコンを出しっぱなしで行くのにちょっと抵抗があることや、何よりも毎日のように行っているとそれだけで結構な費用がかかります。


決してカフェやファミレスで仕事をすることに対して否定をしているわけではありません。そういう環境の方が集中できるという人もいるでしょうし、人それぞれの好みの問題だと思います。

ただ、私のように「静かな環境では集中できないけど外出しても集中できない」という方は、ご紹介したような方法を試してみてください。

「役にたった」と思ったらシェアお願いします