1. ホーム > 
  2. 仕事効率化 > 
  3. Numbersの使い方 > 
  4. 基本的な使い方 > 
  5. GoogleドキュメントをNumbersにインポートする方法

GoogleドキュメントをNumbersにインポートする方法

Googleドキュメントのスプレッドシートで作成したファイルを、エクセル形式でダウンロードしてNumbersにインポートする方法を解説。

  • 2016/12/3
  • 2013/9/7

Numbersと同じような表計算ソフトに、Googleの提供するGoogleドキュメント(Googleドライブ)のスプレッドシートがあります。
Googleドキュメントのスプレッドシートは無料で使えるうえ、表計算ソフトとしても十分な機能を備えていますので利用している人も多いと思います。

Googleドキュメントのスプレッドシート

そこで、Googleドキュメントのスペレッドシートで作成したファイルをNumbersにインポート(読み込み)する方法を解説します。

Googleドキュメントのスペレッドシートをインポートする方法

まずはGoogleドキュメントのスペレッドシートをNumbersに読み込みましょう。

  1. スプレッドシートを開きますNumbersにインポートしたいGoogleドキュメントのスプレッドシートを開きます。
  2. エクセル形式でダウンロードします「ファイル」メニューから「形式を指定してダウンロード」を選択し、Microsoft Excel(.xlsx)形式を選びます。
  3. ダウンロードしたファイルをNumbersで開きます開いているファイルがエクセル形式でダウンロードされますので、そのままNumbersで開きます。
    ダブルクリックで開かない場合には、ファイルの情報を確認してNumbersで開くように設定を変えましょう。

Numbersに無い機能などが使われている場合には、読み込み時にエラーウィンドウが開きます。
以下のエラーウィンドウでは、表のヘッダ行にあたる行を固定した機能が使えないというエラーです。

読み込み時に開くエラーウィンドウ

発生したエラーはそれぞれ適切に修正をする必要がありますが、致命的な問題は起きないと思います。(少なくとも私は致命的なエラーが起きた事はありません)

読み込んだファイルのセルのフォーマットや設定した関数も、Numbers上でほぼ再現されていると思いますが、念のため確認しておきましょう。

いまよりも仕事の効率をアップしたい方におすすめしたいスクール

ExcelなどのMicrosoft Officeはどんな仕事でも利用機会が多く、「使いこなせるかどうか」で仕事の効率は天と地ほど開きますが、Officeなどの解説本は「基礎部分」の説明が多く、独学で使いこなすにはハードルが高いと私は感じています。

パソコンスクールに通うのは教室まで通う時間が必要な事や、良い教室や良い講師に恵まれるかどうかなど、不安要素が大きいのも事実。

そこで、自分のペースで学習できてカリキュラムもしっかりしている、オンラインスクールを利用してみてはいかがでしょうか。

オンラインスクールは教室運営費がかからないので、料金設定も安いのでチャレンジしやすいと思います。

TechAcademy Excel2013コース

チャットで質問できて、課題に合格するまで何度でもレビューがもらえるメンター制度があるオンラインスクールです。

基本操作から入るので単調な場面もあるかもしれませんが、最終的にはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)試験に合格する試験対策をする事がゴールなので、後半はかなり難易度も高くなり「本気で取り組めば」それだけの見返りもあるはずです。

ストリートアカデミー

オンラインスクールではありませんが、個人や企業が行う単発の講座や数回のコースなどが1,000以上登録されています。

講師のプロフィールが分かるので受講に不安が少ない事、「Excel使いこなし」などの定番講座から「スピーチが上手くなるコツ」や「ロジカルシンキング講座」などバリエーションもあります。

あとは、1回あたり数千円程度という価格が安い点も良いです。(講座によって違います)

「役にたった」と思ったらシェアお願いします