1. ホーム > 
  2. 仕事効率化 > 
  3. Numbersの使い方 > 
  4. 基本的な使い方 > 
  5. Numbersを購入する方法

Numbersを購入する方法

アップルの表計算ソフト「Numbers」のMac版は1,700円、iOS版は850円で購入する事が可能。新しいデバイスを購入した場合には、プリインストールされています。

  • 2016/12/3
  • 2013/8/24

Numbersはアップルが販売する表計算ソフトで、2007年8月に発売されました。
発売当初は、プレゼンテーション用ソフト(Keynote・キーノート)、ワープロソフト(Pages・ページズ)と一緒に「iWork(アイワークス)」というパッケージソフトで提供されていました。
2013年現在、iWorkのパッケージは販売されておらず、ヤフオクなどのオークションで入手するしかありません。

パッケージ版の販売は無くなってしまいましたが、Mac App Storeでダウンロード販売が継続しており、常に販売ランキングの上位に顔を出しています。

また2011年5月からiOS版も販売が開始されており、850円で入手する事が可能です。

それぞれのデバイスで以下のリンクをクリックしてください。
App Storeが起動しますので、ダウンロード・購入する事が可能です。

Mac版のNumbersを購入する (Mac App Store)
iOS版のNumbersを購入する

NumbersはWebアプリとして進化

アップルは2013年のWWDCで「iWork for iCloud beta」を発表しました。
これによりNumbersを含むiWorkは、Googleドキュメントのようにブラウザ上で動作するアプリケーションとして進化しました。

アップルのブラウザであるSafariだけでなく、Google ChromeやIEなどでも動作するので、Windowsユーザーも含めて非常に多くの人が利用できるようになりました。

参考リンク

「iWork」が「iCloud」対応に–「IE」や「Chrome」ブラウザから利用可能 – CNET Japan
アップル、「iWork for iCloud beta」を全ユーザーに公開 – CNET Japan

いまよりも仕事の効率をアップしたい方におすすめしたいスクール

ExcelなどのMicrosoft Officeはどんな仕事でも利用機会が多く、「使いこなせるかどうか」で仕事の効率は天と地ほど開きますが、Officeなどの解説本は「基礎部分」の説明が多く、独学で使いこなすにはハードルが高いと私は感じています。

パソコンスクールに通うのは教室まで通う時間が必要な事や、良い教室や良い講師に恵まれるかどうかなど、不安要素が大きいのも事実。

そこで、自分のペースで学習できてカリキュラムもしっかりしている、オンラインスクールを利用してみてはいかがでしょうか。

オンラインスクールは教室運営費がかからないので、料金設定も安いのでチャレンジしやすいと思います。

TechAcademy Excel2013コース

チャットで質問できて、課題に合格するまで何度でもレビューがもらえるメンター制度があるオンラインスクールです。

基本操作から入るので単調な場面もあるかもしれませんが、最終的にはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)試験に合格する試験対策をする事がゴールなので、後半はかなり難易度も高くなり「本気で取り組めば」それだけの見返りもあるはずです。

ストリートアカデミー

オンラインスクールではありませんが、個人や企業が行う単発の講座や数回のコースなどが1,000以上登録されています。

講師のプロフィールが分かるので受講に不安が少ない事、「Excel使いこなし」などの定番講座から「スピーチが上手くなるコツ」や「ロジカルシンキング講座」などバリエーションもあります。

あとは、1回あたり数千円程度という価格が安い点も良いです。(講座によって違います)

「役にたった」と思ったらシェアお願いします