1. ホーム > 
  2. 仕事効率化 > 
  3. Numbersの使い方 > 
  4. 基本的な使い方 > 
  5. Numbersのシートと表の使い方

Numbersのシートと表の使い方

Numbersの表とシートの使い方を解説。新しいシートの作成・挿入方法やシートの名前を変更する方法なども解説しています。

  • 2016/12/3
  • 2013/8/29

表計算ソフトの代表格「マイクロソフト エクセル」では、シートは、巨大な「表」そのものですが、Numbersではちょっと違います。
シートは、あくまでも「表」や「グラフ」を入れる「入れ物」に過ぎず、同じシート内にいくらでも表を入れる事ができます。

また同じシート内の表でも、別の表であれば見た目のスタイルなどを変える事ができますので、エクセルよりも表現力は遥かに高いと言えます。

例えば、列の数が異なる表を同じシートに配置したい場合、エクセルだとセルの結合などを上手く使いながら配置しないと、表が見にくくなってしまいます。

一方でNumbersの場合では、列の数やサイズが異なっていても、表同士が干渉しませんので自由にレイアウトする事ができます。

新しいシートを追加する方法

シートに新しい表を追加する方法は表の種類を選択して挿入するにはで詳しくご説明していますので、そちらのページをご覧ください。
ここでは、作成した書類に新しいシートを追加する方法をご説明します。

新しいシートを追加するには、画面上部の「挿入」メニューから「シート」を選択します。

また、画面右上にあるシートビュー(シートの名前が表示されているエリア)の空白部分を右クリックして表示されるメニューで、「新規シート」を選択する事でも新しいシートを追加する事ができます。

シートの名前を変更する方法

新しく追加したシートには、「シート1」「シート2」といったルールで名前が付いています。
しかしこのままだと何の為のシートなのかが分かりませんので、「支出」や「収入」といった、シートに配置された情報が分かるように名前を付けましょう。

シートの名前は、シートインスペクタの「名前」のテキストボックスを書き換えると変更されます。

また、画面右上のシートビューでシートの名前部分をダブルクリックする事でもシートの名前を変更する事ができます。

自分の使いやすい方法で分かりやすくシートの名前を変更しましょう。

いまよりも仕事の効率をアップしたい方におすすめしたいスクール

ExcelなどのMicrosoft Officeはどんな仕事でも利用機会が多く、「使いこなせるかどうか」で仕事の効率は天と地ほど開きますが、Officeなどの解説本は「基礎部分」の説明が多く、独学で使いこなすにはハードルが高いと私は感じています。

パソコンスクールに通うのは教室まで通う時間が必要な事や、良い教室や良い講師に恵まれるかどうかなど、不安要素が大きいのも事実。

そこで、自分のペースで学習できてカリキュラムもしっかりしている、オンラインスクールを利用してみてはいかがでしょうか。

オンラインスクールは教室運営費がかからないので、料金設定も安いのでチャレンジしやすいと思います。

TechAcademy Excel2013コース

チャットで質問できて、課題に合格するまで何度でもレビューがもらえるメンター制度があるオンラインスクールです。

基本操作から入るので単調な場面もあるかもしれませんが、最終的にはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)試験に合格する試験対策をする事がゴールなので、後半はかなり難易度も高くなり「本気で取り組めば」それだけの見返りもあるはずです。

ストリートアカデミー

オンラインスクールではありませんが、個人や企業が行う単発の講座や数回のコースなどが1,000以上登録されています。

講師のプロフィールが分かるので受講に不安が少ない事、「Excel使いこなし」などの定番講座から「スピーチが上手くなるコツ」や「ロジカルシンキング講座」などバリエーションもあります。

あとは、1回あたり数千円程度という価格が安い点も良いです。(講座によって違います)

「役にたった」と思ったらシェアお願いします