1. ホーム > 
  2. 仕事効率化 > 
  3. Numbersの使い方 > 
  4. グラフの使い方 > 
  5. Numbersで2軸グラフを作る方法

Numbersで2軸グラフを作る方法

Numbersで2軸グラフを作成する方法を解説。作例では「売上額・利益額」(数値)「対前年成長率」(割合)の2軸グラフを作成。3項目以上の2軸グラフを作成する時の注意点なども。

  • 2016/12/3
  • 2013/11/3

2軸グラフとは、共通の横軸に対して「異なる単位の縦軸」を2つ持ったグラフの事です。
例えば「売上金額と成長率」や「血圧と体重」などのグラフです。

▼例「平均雨量と平均気温」のグラフ

2軸グラフの例

このページで作成する2軸グラフ

以下のような数字を単位にした「売上金額、利益金額」、割合を単位にした「成長率」の3つの項目を要素にした2軸グラフ(数と割合)を作成します。

▼作例「売上推移グラフ」
2軸グラフの作例

2軸グラフを作成する

まずはグラフの元となるデータを用意する必要がありますが、普通に表を作成すれば大丈夫です。
何も特殊な設定をしておく必要はありません。

  1. 2軸グラフをシートに挿入「挿入」メニューの「グラフ」から「2D 2軸」を選択して、2軸グラフをシートに挿入します。
  2. グラフデータ追加ボタンをクリック挿入したグラフに表示されている「グラフデータを追加」ボタンをクリックします。
  3. グラフの元になるデータを選択グラフの元となるデータを選択します。
  4. 2軸になるように調整グラフには「売上」が折れ線グラフに、「利益」が棒グラフで表示されていて、「対前年成長率」は表示されていません。
    これは「売上」と「利益」の2軸で表示されている為です。
    「対前年成長率」を表示させるためには、「売上、利益」でひとつの軸、「対前年成長率」でひとつの軸とする2軸にする必要があります。
  5. プロットを変更棒グラフの「利益」を選択します。グラフの棒の部分を2回クリックすると、棒グラフが選択された状態になります。
    フォーマットインスペクタを表示して「系列パネル」の「プロット」を「数値軸 Y1」に変更します。
    これで「売上、利益」の「数値軸 Y1」と「対前年成長率」の「数値軸 Y2」の2軸グラフになりました。
  6. 系列の表示方法を変更「売上、利益」を棒グラフに変更し、「対前年成長率」を折れ線グラフに変更してみましょう。
    グラフの変更は「系列パネル」の「系列の表示方法」で変更します。
    折れ線グラフの「○部分」を2回クリックして、折れ線グラフを選択した後、「系列の表示方法」で棒グラフを選択します。
  7. 2軸グラフの完成同じように「対前年成長率」の棒グラフを選択して折れ線グラフに変更します。
    これで2軸グラフが完成です。

いまよりも仕事の効率をアップしたい方におすすめしたいスクール

ExcelなどのMicrosoft Officeはどんな仕事でも利用機会が多く、「使いこなせるかどうか」で仕事の効率は天と地ほど開きますが、Officeなどの解説本は「基礎部分」の説明が多く、独学で使いこなすにはハードルが高いと私は感じています。

パソコンスクールに通うのは教室まで通う時間が必要な事や、良い教室や良い講師に恵まれるかどうかなど、不安要素が大きいのも事実。

そこで、自分のペースで学習できてカリキュラムもしっかりしている、オンラインスクールを利用してみてはいかがでしょうか。

オンラインスクールは教室運営費がかからないので、料金設定も安いのでチャレンジしやすいと思います。

TechAcademy Excel2013コース

チャットで質問できて、課題に合格するまで何度でもレビューがもらえるメンター制度があるオンラインスクールです。

基本操作から入るので単調な場面もあるかもしれませんが、最終的にはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)試験に合格する試験対策をする事がゴールなので、後半はかなり難易度も高くなり「本気で取り組めば」それだけの見返りもあるはずです。

ストリートアカデミー

オンラインスクールではありませんが、個人や企業が行う単発の講座や数回のコースなどが1,000以上登録されています。

講師のプロフィールが分かるので受講に不安が少ない事、「Excel使いこなし」などの定番講座から「スピーチが上手くなるコツ」や「ロジカルシンキング講座」などバリエーションもあります。

あとは、1回あたり数千円程度という価格が安い点も良いです。(講座によって違います)

「役にたった」と思ったらシェアお願いします