1. ホーム > 
  2. 仕事効率化 > 
  3. Numbersの使い方 > 
  4. グラフの使い方 > 
  5. Numbersでグラフを作成する方法

Numbersでグラフを作成する方法

Numbersでグラフを作成する方法を解説しています。Numbersでは一般的な2Dグラフだけでなく、3Dグラフやスライダーで操作できるインタラクティブグラフなどを作成する事ができます。

  • 2016/12/3
  • 2014/1/27

Numbersで作成できるグラフは「2Dグラフ」「3Dグラフ」「インタラクティブグラフ」の3種類から選択する事ができます。
それぞれのグラフは色のトーンを6種類から選ぶことができます。

作成できるグラフの種類

まずNumbersで作成できる「2D」「3D」「インタラクティブ」それぞれのグラフがどういったものなのかをご紹介します。

2Dグラフ

一般的なグラフで、2Dの平面的なグラフです。見慣れているグラフですので、どんな場面でも使いやすいグラフです。
2Dグラフ

3Dグラフ

少しパースのついた立体感のあるグラフです。角度も調整できますが、あまり角度がきつ過ぎると見づらくなってしまいますので注意しましょう。
3Dグラフ

インタラクティブグラフ

グラフの下にあるスライダを動かすと、グラフ内のデータが変化するグラフです。
印刷用途には使えませんが、プレゼンテーションの際の補足資料として使う場合などには便利です。
インタラクティブグラフ

グラフを作成する

ツールバーの「グラフ」をクリックすると、作成するグラフを選択するウィンドウが開きます。
開いたウィンドウ上部のボタンをクリックして2D、3D、インタラクティブ(Interactive)のグラフの種類を選びます。
グラフを作成する

ウィンドウの左右にある三角のアイコンをクリックすると、カラーバリエーションの選択ができます。
カラフルな配色から、少しトーンを抑えた配色、グレーベースなど6種類から選びます。
カラーバリエーションの選択

グラフデータを追加・編集する

グラフを作成したらそのグラフに表示させるデータを追加します。
作成したグラフに表示される「グラフデータを追加」ボタンを押してから、表の中のグラフにしたい箇所をドラッグして選択します。
選択した箇所の数値がグラフに表示されます。
グラフデータの追加

一度設定したグラフのデータは「データ参照を編集」ボタンをクリックして編集・修正します。
グラフの参照データを編集

いまよりも仕事の効率をアップしたい方におすすめしたいスクール

ExcelなどのMicrosoft Officeはどんな仕事でも利用機会が多く、「使いこなせるかどうか」で仕事の効率は天と地ほど開きますが、Officeなどの解説本は「基礎部分」の説明が多く、独学で使いこなすにはハードルが高いと私は感じています。

パソコンスクールに通うのは教室まで通う時間が必要な事や、良い教室や良い講師に恵まれるかどうかなど、不安要素が大きいのも事実。

そこで、自分のペースで学習できてカリキュラムもしっかりしている、オンラインスクールを利用してみてはいかがでしょうか。

オンラインスクールは教室運営費がかからないので、料金設定も安いのでチャレンジしやすいと思います。

TechAcademy Excel2013コース

チャットで質問できて、課題に合格するまで何度でもレビューがもらえるメンター制度があるオンラインスクールです。

基本操作から入るので単調な場面もあるかもしれませんが、最終的にはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)試験に合格する試験対策をする事がゴールなので、後半はかなり難易度も高くなり「本気で取り組めば」それだけの見返りもあるはずです。

ストリートアカデミー

オンラインスクールではありませんが、個人や企業が行う単発の講座や数回のコースなどが1,000以上登録されています。

講師のプロフィールが分かるので受講に不安が少ない事、「Excel使いこなし」などの定番講座から「スピーチが上手くなるコツ」や「ロジカルシンキング講座」などバリエーションもあります。

あとは、1回あたり数千円程度という価格が安い点も良いです。(講座によって違います)

「役にたった」と思ったらシェアお願いします