1. ホーム > 
  2. 仕事効率化 > 
  3. アップルの表計算ソフト「Numbers」の使い方 > 
  4. 【iPhone&iPad版】Numbersの使い方

【iPhone&iPad版】Numbersの使い方

NumbersにはiPhoneやiPadなどのiOSデバイスで利用できるアプリも用意されています。 アプリはApp Storeから850円で購入できます。 iC […]

  • 2016/12/3

NumbersにはiPhoneやiPadなどのiOSデバイスで利用できるアプリも用意されています。
アプリはApp Storeから850円で購入できます。

iCloudでデータの同期もできますので、手持ちのMacにインストールしたNumbersで作成したスプレッドシートをiPadやiPhoneで加工・修正するといった事も、その逆の操作も簡単にできます。
もちろんiOS版のNumbersもMac版のNumbersと遜色ない機能を備えています。

iOS版Numbersの基本的な使い方

iOS版のNumbersはすべての操作を指だけで行いますので、Mac版と同じ操作でという訳にはいきません。
しかしそれほど難しい操作は必要ありませんので、やり方さえ覚えてしまえば簡単です。

  • iPhone、iPadで新規書類を作成する方法
    iOS版のNumbersでテンプレートセレクタから新規書類を作成する方法。
  • シートの複製・削除をする方法
    新しいシートの追加やすでにあるシートの複製を作る方法。
  • シートに新しい表やグラフ、テキストを挿入する方法
    シート内に表やグラフなどのオブジェクトを配置する方法。
  • シートに配置した表やグラフを移動させる方法
    配置した表やグラフなどを移動させてシートのレイアウトを整える方法。グリッドの設定なども解説。

iOS版Numbersの表の使い方

iOS版でもNUmbersのメインは表です。
Mac版と同じようにスタイルを変更したり、関数の設定などを行うことができます。

  • 表の行の高さや列の幅を変更する方法
    表の行の高さや列の幅を変更する為の手順。
  • セルに計算式を設定する方法
    セル内に関数を設定して計算式を埋め込む手順。
  • 表の設定を変更する方法(表オプションの使い方)
    表のスタイルやセル内の文字の配置などの設定(オプション)方法。
  • 表のヘッダ行、ヘッダ列、フッタ行の追加方法
    表にヘッダ行などを追加したり、ヘッダ列を増やしたりする方法。

その他のオブジェクトの設定や使い方

IOS版のNumbersでもグラフや図形などのオブジェクトを扱うことができます。
表だけでは味気ないシートになってしまいますので、こういったオブジェクトをうまく活用して華やかなシートに仕上げましょう。

  • テキストの設定を変更する方法
    シート内にテキストボックスを配置する方法とその設定の手順。
  • 図形のスタイルや設定を変更する方法
    シート内に配置した図形などのスタイルを変更する方法。

スポンサーリンク

「役にたった」と思ったらシェアお願いします

  • 2016/12/3