1. ホーム > 
  2. 仕事効率化 > 
  3. Numbersの使い方 > 
  4. 【iPhone&iPad版】Numbersの使い方 > 
  5. iOSのNumbersで表やグラフ・テキストを挿入する方法

iOSのNumbersで表やグラフ・テキストを挿入する方法

iPadやiPhone版のNumbersで、シート内に表やグラフ、テキストなどを挿入する方法を解説。

  • 2016/12/3
  • 2013/10/13

iOS版のNumbersで新しい表やグラフをシートに挿入するには、画面右上の「+」アイコンをタップします。
「+」アイコンをタップすると、シートに挿入する「メディア」「表」「グラフ」「図形」を選択する吹き出しウィンドウが表示されますので、挿入したいものをタップして選択します。

シートに表や図形を挿入する方法

右上の「+」アイコンをタップしてウィンドウを表示します。
表示された吹き出しウィンドウで「表」をタップしすると、様々なタイプの表が表示されますので、挿入したいタイプの表をタップして選択します。(図形の場合は「図形」を選択します)

吹き出しウィンドウ内をスワイプすると、いろいろなスタイルの表を選択する事ができます。

シートにグラフを挿入する方法

表の挿入と同じように、右上の「+」アイコンをタップして表示されたウィンドウで「グラフ」をタップします。
挿入したいグラフの種類を選んでタップすると、シート上にグラフが表示されます。

グラフも表と同様に、吹き出しウィンドウ内をスワイプさせる事でいろいろなスタイルから選択する事ができます。

しかしグラフは単に挿入しただけでは意味がありません。
グラフに表示させる為のデータを選択しましょう。

  1. 挿入したグラフをタップします。
  2. グラフに表示させたいデータを持っている表のセルをタップします。
  3. 選択したセルの右下に表示されている丸いアイコンをドラッグして、グラフに表示したいデータの領域を選択します。
  4. シート内の空白の部分をタップして、選択した領域を確定さえます。
    これでグラフにデータが表示されるようになります。

シートにテキストボックスを挿入する方法

シート内にテキストを表示させる場合、テキストボックスを挿入する必要があります。
シートにテキストボックスを挿入するには、「+」アイコンをタップして表示された吹き出しウィンドウで「図形」を選択します。
図形の右上にある「T」と書かれた箇所をタップすると、シート上にテキストエリアが挿入されます。

挿入したテキストボックスをダブルタップすると、テキストボックス内のテキストを編集できるようになります。

いまよりも仕事の効率をアップしたい方におすすめしたいスクール

ExcelなどのMicrosoft Officeはどんな仕事でも利用機会が多く、「使いこなせるかどうか」で仕事の効率は天と地ほど開きますが、Officeなどの解説本は「基礎部分」の説明が多く、独学で使いこなすにはハードルが高いと私は感じています。

パソコンスクールに通うのは教室まで通う時間が必要な事や、良い教室や良い講師に恵まれるかどうかなど、不安要素が大きいのも事実。

そこで、自分のペースで学習できてカリキュラムもしっかりしている、オンラインスクールを利用してみてはいかがでしょうか。

オンラインスクールは教室運営費がかからないので、料金設定も安いのでチャレンジしやすいと思います。

TechAcademy Excel2013コース

チャットで質問できて、課題に合格するまで何度でもレビューがもらえるメンター制度があるオンラインスクールです。

基本操作から入るので単調な場面もあるかもしれませんが、最終的にはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)試験に合格する試験対策をする事がゴールなので、後半はかなり難易度も高くなり「本気で取り組めば」それだけの見返りもあるはずです。

ストリートアカデミー

オンラインスクールではありませんが、個人や企業が行う単発の講座や数回のコースなどが1,000以上登録されています。

講師のプロフィールが分かるので受講に不安が少ない事、「Excel使いこなし」などの定番講座から「スピーチが上手くなるコツ」や「ロジカルシンキング講座」などバリエーションもあります。

あとは、1回あたり数千円程度という価格が安い点も良いです。(講座によって違います)

「役にたった」と思ったらシェアお願いします