1. ホーム > 
  2. 仕事効率化 > 
  3. Numbersの使い方 > 
  4. 環境設定 > 
  5. 環境設定「一般」で設定できる事

環境設定「一般」で設定できる事

Numbersの環境設定「一般」パネルで設定できる項目についてご紹介。一般のパネルでは書類の作成時や編集中の補助機能のON・OFFの設定などを行う事ができます。

  • 2016/12/3
  • 2014/6/8

Numbersの環境設定「一般」の設定内容をご紹介します。

環境設定パネルを表示する方法

環境設定パネルは、メニューの「Numbers」をクリックして「環境設定…」を選択すると開きます。
環境設定を表示するメニューの位置

環境設定「一般」で設定できること

「一般」のパネルでは書類作成や編集中の補助機能のON/OFFを設定する事ができます。

▼環境設定「一般」(標準状態)
環境設定パネル

新規書類
新規書類を作成する時の最初の動作を設定します。標準では「テンプレートセレクタを表示」になっていますが、同じテンプレートで書類を作成する機会が多い場合には「テンプレートを使用」にしておくと便利でしょう。
使用するテンプレートは「テンプレートを変更」ボタンをクリックする事で選択できます。
デフォルトの拡大/縮小率
書類の拡大/縮小率の初期設定です。書類を開いたあと、ツールバーの右上のセレクトメニューを使っても操作する事が可能です。
拡大/縮小の選択
編集
書類を編集している時の補助機能のON/OFFを設定する事ができます。
標準では「表のセルの編集中に候補を表示」と「リストを自動的に検出」にチェックが入っています。
「カーブのデフォルトをベジェに設定」にチェックを入れると、配置した図形の曲線が「ベジェ」になります。
セル参照
「ヘッダ名をラベルとして使用」にチェックを外すと、セルの参照時に「C2」といったセルの座標がラベルとして使用されます。どのセルを参照しているのか直感的に分かりにくくなってしまいますので、この設定のチェックは入れたままにしておきましょう。

▼「ヘッダ名をラベルとして使用」にチェックが入っている状態
ヘッダ名がラベルになっている状態

▼「ヘッダ名をラベルとして使用」のチェックを外している状態
セル番号がラベルになっている状態

ムービーの追加時
書類にムービーを追加した時にiOSに最適化するか選択します。H.265形式に変換しますので最初の保存時に少し時間がかかる場合があります。
作成者
セルにコメントを挿入する時に作成者で設定した名前を入れる事ができます。
作成者の表示位置

いまよりも仕事の効率をアップしたい方におすすめしたいスクール

ExcelなどのMicrosoft Officeはどんな仕事でも利用機会が多く、「使いこなせるかどうか」で仕事の効率は天と地ほど開きますが、Officeなどの解説本は「基礎部分」の説明が多く、独学で使いこなすにはハードルが高いと私は感じています。

パソコンスクールに通うのは教室まで通う時間が必要な事や、良い教室や良い講師に恵まれるかどうかなど、不安要素が大きいのも事実。

そこで、自分のペースで学習できてカリキュラムもしっかりしている、オンラインスクールを利用してみてはいかがでしょうか。

オンラインスクールは教室運営費がかからないので、料金設定も安いのでチャレンジしやすいと思います。

TechAcademy Excel2013コース

チャットで質問できて、課題に合格するまで何度でもレビューがもらえるメンター制度があるオンラインスクールです。

基本操作から入るので単調な場面もあるかもしれませんが、最終的にはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)試験に合格する試験対策をする事がゴールなので、後半はかなり難易度も高くなり「本気で取り組めば」それだけの見返りもあるはずです。

ストリートアカデミー

オンラインスクールではありませんが、個人や企業が行う単発の講座や数回のコースなどが1,000以上登録されています。

講師のプロフィールが分かるので受講に不安が少ない事、「Excel使いこなし」などの定番講座から「スピーチが上手くなるコツ」や「ロジカルシンキング講座」などバリエーションもあります。

あとは、1回あたり数千円程度という価格が安い点も良いです。(講座によって違います)

「役にたった」と思ったらシェアお願いします