1. ホーム > 
  2. 仕事効率化 > 
  3. Numbersの使い方 > 
  4. 表とセルの使い方 > 
  5. Numbersのセルの背景色、文字色を変えるには

Numbersのセルの背景色、文字色を変えるには

アップルの表計算ソフトNumbersでセルの背景色や、文字の色を変更する方法を解説。

  • 2016/12/3
  • 2013/8/24

Numbersのセルの背景色や文字色を変えるには、インスペクタパネルを使います。
セルの背景色は「グラフィックインスペクタ」、文字色の変更は「テキストインスペクタ」をそれぞれ使います。

セルの背景色を変える

Numbersでセルの背景色を変えるためには、グラフィックインスペクタを使います。
背景色を変更したいセルを選択して、塗りつぶしの項目で設定するだけです。

塗りつぶし種類の選択

カラー塗りつぶし

カラーパレットから色を選択してセルを塗りつぶします。普通はこの方法でセルに背景色をつければ良いでしょう。

グラデーション塗りつぶし

グラデーションの開始色と終了色を選んでセルの背景をグラデーションで塗りつぶす方法です。
塗りつぶすグラデーションは角度も設定する事ができます。

イメージ塗りつぶし

選択した画像でセルの背景を塗りつぶす方法です。画像はセルの領域に合わせたり、タイル上に設置したりする事ができます。

半透明イメージ塗りつぶし

基本的にはイメージ塗りつぶしと同じですが、画像の透明度を選択できるオプションがつく点が異なります。

文字色を変える

Numbersのセルに書いた文字の色を変えるには、テキストインスペクタを使います。
セル内のすべての文字の色を変える場合はセルを選択して、変更する色を選ぶだけです。

文字色の変更方法

セル内の一部の文字の色を変える場合は、色を変えたい箇所をドラッグして選択して変更する色を選びます。

いまよりも仕事の効率をアップしたい方におすすめしたいスクール

ExcelなどのMicrosoft Officeはどんな仕事でも利用機会が多く、「使いこなせるかどうか」で仕事の効率は天と地ほど開きますが、Officeなどの解説本は「基礎部分」の説明が多く、独学で使いこなすにはハードルが高いと私は感じています。

パソコンスクールに通うのは教室まで通う時間が必要な事や、良い教室や良い講師に恵まれるかどうかなど、不安要素が大きいのも事実。

そこで、自分のペースで学習できてカリキュラムもしっかりしている、オンラインスクールを利用してみてはいかがでしょうか。

オンラインスクールは教室運営費がかからないので、料金設定も安いのでチャレンジしやすいと思います。

TechAcademy Excel2013コース

チャットで質問できて、課題に合格するまで何度でもレビューがもらえるメンター制度があるオンラインスクールです。

基本操作から入るので単調な場面もあるかもしれませんが、最終的にはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)試験に合格する試験対策をする事がゴールなので、後半はかなり難易度も高くなり「本気で取り組めば」それだけの見返りもあるはずです。

ストリートアカデミー

オンラインスクールではありませんが、個人や企業が行う単発の講座や数回のコースなどが1,000以上登録されています。

講師のプロフィールが分かるので受講に不安が少ない事、「Excel使いこなし」などの定番講座から「スピーチが上手くなるコツ」や「ロジカルシンキング講座」などバリエーションもあります。

あとは、1回あたり数千円程度という価格が安い点も良いです。(講座によって違います)

「役にたった」と思ったらシェアお願いします