1. ホーム > 
  2. 仕事効率化 > 
  3. Numbersの使い方 > 
  4. 表とセルの使い方 > 
  5. セルに罫線(枠線)をつける方法

セルに罫線(枠線)をつける方法

アップルの表計算ソフトNumbersのセルに罫線(枠線)をつける方法を解説。

  • 2016/12/3
  • 2013/8/24

Numbersでのセルの罫線(枠線)をつける方法は、エクセルに比べるとちょっと違う方法ですので、慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。
というのも、実はNumbersで表を作った段階で、ほとんどの場合すでに罫線が設定されているのです。
画面上で罫線が見えるだけ(当然印刷すると見えなくなる)のエクセルとは、この点が違うので最初は操作に戸惑うかもしれません。
それではエクセルでの罫線の設定方法とあわせて、Numbersでの設定方法を解説します。

Numbersに標準で設定されている罫線の色を変えるには

まず罫線を設定したいセルを選択します。複数のセルを選択しても大丈夫です。
次にツールバーから、罫線の色を変える箇所を選択します。外側、内側、左端など四方どの箇所も選択する事ができます。
最後に選択した罫線の色を、ツールバーで選択すれば罫線の色が変わります。

最初に「罫線そのものを選択」して色を変えるという手順です。

罫線の太さの変更、種類を点線などに変更するには

罫線の種類を変更する場合も、セルを選んでからツールバーから罫線の種類を選択します。
太さもツールバーから選択する事で変えられますが、点線の場合は一番細い「0.25pt」の場合、目視では確認できなくなってしまいます。色を黒にしても0.5ptでうっすらと見える程度です。
点線にする場合は1pt以上の太さにすると良いでしょう。

エクセルで罫線の色を変えるには

エクセルの場合は標準では印刷もされる罫線は設定されていませんので、罫線を設定したいセルを選んで、直接罫線の色を選択すればOKです。
罫線の種類もツールバーから選択すれば変更できます。

いまよりも仕事の効率をアップしたい方におすすめしたいスクール

ExcelなどのMicrosoft Officeはどんな仕事でも利用機会が多く、「使いこなせるかどうか」で仕事の効率は天と地ほど開きますが、Officeなどの解説本は「基礎部分」の説明が多く、独学で使いこなすにはハードルが高いと私は感じています。

パソコンスクールに通うのは教室まで通う時間が必要な事や、良い教室や良い講師に恵まれるかどうかなど、不安要素が大きいのも事実。

そこで、自分のペースで学習できてカリキュラムもしっかりしている、オンラインスクールを利用してみてはいかがでしょうか。

オンラインスクールは教室運営費がかからないので、料金設定も安いのでチャレンジしやすいと思います。

TechAcademy Excel2013コース

チャットで質問できて、課題に合格するまで何度でもレビューがもらえるメンター制度があるオンラインスクールです。

基本操作から入るので単調な場面もあるかもしれませんが、最終的にはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)試験に合格する試験対策をする事がゴールなので、後半はかなり難易度も高くなり「本気で取り組めば」それだけの見返りもあるはずです。

ストリートアカデミー

オンラインスクールではありませんが、個人や企業が行う単発の講座や数回のコースなどが1,000以上登録されています。

講師のプロフィールが分かるので受講に不安が少ない事、「Excel使いこなし」などの定番講座から「スピーチが上手くなるコツ」や「ロジカルシンキング講座」などバリエーションもあります。

あとは、1回あたり数千円程度という価格が安い点も良いです。(講座によって違います)

「役にたった」と思ったらシェアお願いします