1. ホーム > 
  2. 仕事効率化 > 
  3. Numbersの使い方 > 
  4. 表とセルの使い方 > 
  5. Numbersで他のシート・他の表のセルの内容を参照するには

Numbersで他のシート・他の表のセルの内容を参照するには

アップルの表計算ソフトNumbersで他のシートや他の表のセルの内容を参照する方法について解説。

  • 2016/12/3
  • 2013/8/24

Numbersの表のセルは、直接セルに記述したり他のセルの計算結果を表示したりするだけではありません。
同じシートの別の表や、別のシートの表の内容を参照する事もできます。

別のシートでの計算結果をセルに表示させてグラフに反映させたりなどの、幅広い汎用的な使い方ができます。

別の表、別シートの表のセルを参照するのはとても簡単です。
まず参照したセルの内容を表示したいセルを選択します。

次にセルに「=」(イコール)と入力します。
すると数式エディタが表示されますので、そのままの状態で参照したいセルをクリックします。
別のシートの場合は、参照したい表のあるシートを、サイドバーで選択してからセルを選択します。
これだけでいまクリックしたセルを参照する事ができます。

また参照したセル同士での計算をする事もできます。

例えばNumbersの使い道としては、家計簿の作成などもあるかと思いますが、家計簿には収入の表と支出の表があるはずです。
収入と支出の表にあるそれぞれの合計を求めるセル同士を、収支という別の表のセルで参照しながらその計算結果を表示するという事もできるのです。

いろいろ便利に使えますので、ぜひ活用してください。

循環参照には注意!

循環参照とは、その名前の通り参照が循環してしまって結果が永遠に求められない状態になっている事を指します。
例えば、AというセルにBのセルを参照したとき、Bの結果はAの数値が無いと計算できないというような状態のときに、循環参照が発生します。
そういったエラーが起きている場合は、セルに赤色の三角マークが現れてエラーを教えてくれます。

多くの表を使って参照が複雑になってくると発生する可能性も高くなります。
もしそういった多くの表を使っていて、どこにどんな数式があるのか分からなくなった、把握するのが難しくなったという場合は、数式のリストを表示すると便利です。

数式のリストはその名前の通り、シート内に設定されている数式をリスト化してくれる機能です。

表示メニューの「数式のリストを表示」を選択すると表示する事ができます。
結構便利なので上手に活用してください。

いまよりも仕事の効率をアップしたい方におすすめしたいスクール

ExcelなどのMicrosoft Officeはどんな仕事でも利用機会が多く、「使いこなせるかどうか」で仕事の効率は天と地ほど開きますが、Officeなどの解説本は「基礎部分」の説明が多く、独学で使いこなすにはハードルが高いと私は感じています。

パソコンスクールに通うのは教室まで通う時間が必要な事や、良い教室や良い講師に恵まれるかどうかなど、不安要素が大きいのも事実。

そこで、自分のペースで学習できてカリキュラムもしっかりしている、オンラインスクールを利用してみてはいかがでしょうか。

オンラインスクールは教室運営費がかからないので、料金設定も安いのでチャレンジしやすいと思います。

TechAcademy Excel2013コース

チャットで質問できて、課題に合格するまで何度でもレビューがもらえるメンター制度があるオンラインスクールです。

基本操作から入るので単調な場面もあるかもしれませんが、最終的にはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)試験に合格する試験対策をする事がゴールなので、後半はかなり難易度も高くなり「本気で取り組めば」それだけの見返りもあるはずです。

ストリートアカデミー

オンラインスクールではありませんが、個人や企業が行う単発の講座や数回のコースなどが1,000以上登録されています。

講師のプロフィールが分かるので受講に不安が少ない事、「Excel使いこなし」などの定番講座から「スピーチが上手くなるコツ」や「ロジカルシンキング講座」などバリエーションもあります。

あとは、1回あたり数千円程度という価格が安い点も良いです。(講座によって違います)

「役にたった」と思ったらシェアお願いします