1. ホーム > 
  2. 仕事効率化 > 
  3. Numbersの使い方 > 
  4. 表とセルの使い方 > 
  5. Numbersで表のデザインやスタイルを一括で変えるには

Numbersで表のデザインやスタイルを一括で変えるには

アップルの表計算ソフトNumbersでは、表に対してあらかじめ用意されたデザインを一括で適用する事が可能ですので、その方法を解説。

  • 2016/12/3
  • 2013/8/24

Numbersで表を作成すると、下のような何とも味も素っ気もない表が作成されます。
この表のスタイルを変更して見た目にもかっこ良くしていきましょう。

プリセットのスタイルを適用する

Numbersにはあらかじめプリセットされている表のスタイルがありますので、そのスタイルを適用する事で簡単に表のデザインを変える事ができます。
プリセットスタイルはサイドバーの下に用意されていますので、変更したい表を選んでから適用したいスタイルを選ぶだけです。

新しく表を作成するたびにスタイルを変更するのも面倒ですので、作成した表にもプリセットされたスタイルを適用するようにしておくと便利です。
設定方法も簡単です。
スタイルの適用された表を選択すると、右側に▼マークが表示されますのでこの▼マークをクリックします。

するとサブメニューが開きますので、そのメニューから「新規の表のデフォルト表スタイルとして適用」を選択します。
特に何の変化もないと思いますがこれで設定は完了しています。
試しに新しい表を作ってみて、いま選択したスタイルが適用されている事を確認してください。

自分で設定した表のスタイルを登録しておく

プリセットしたスタイルでは自分の好みに合わなかったり、イメージが違っていたりする場合もあるので、表のデザインを自分で設定する事もあると思います。
そういった場合、新しく作成した表にまた一から変更を加えるのは面倒ですので、オリジナルデザインを作ったらスタイルを登録しておきましょう。

まずはインスペクタパネルを使って、表を好みのデザインに変更します。
次に表を選択したまま現在適用されているスタイルの右側にある▼マークをクリックします。
ここまでは先ほど説明した新規の表のスタイルを設定するのと同じです。

サブメニューが開きますので、そのメニューから「新規スタイルを作成」をクリックします。

すると新しいスタイルの名前を入力するダイアログボックスが表示されますので、好きな名前を入力します。
あとで見たときにも分かりやすいような名前を設定しておくと良いでしょう。
ただ、先ほどの▼マークをクリックしたサブメニューから「スタイルの名前を変更」を選べば、名前の修正も可能です。

これで新しいスタイルが作成されて、そのスタイルが適用されています。
新しく表を作成した時に、いま作成したスタイルが適用されるようにしておけば、かなり手間が軽減されます。

いまよりも仕事の効率をアップしたい方におすすめしたいスクール

ExcelなどのMicrosoft Officeはどんな仕事でも利用機会が多く、「使いこなせるかどうか」で仕事の効率は天と地ほど開きますが、Officeなどの解説本は「基礎部分」の説明が多く、独学で使いこなすにはハードルが高いと私は感じています。

パソコンスクールに通うのは教室まで通う時間が必要な事や、良い教室や良い講師に恵まれるかどうかなど、不安要素が大きいのも事実。

そこで、自分のペースで学習できてカリキュラムもしっかりしている、オンラインスクールを利用してみてはいかがでしょうか。

オンラインスクールは教室運営費がかからないので、料金設定も安いのでチャレンジしやすいと思います。

TechAcademy Excel2013コース

チャットで質問できて、課題に合格するまで何度でもレビューがもらえるメンター制度があるオンラインスクールです。

基本操作から入るので単調な場面もあるかもしれませんが、最終的にはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)試験に合格する試験対策をする事がゴールなので、後半はかなり難易度も高くなり「本気で取り組めば」それだけの見返りもあるはずです。

ストリートアカデミー

オンラインスクールではありませんが、個人や企業が行う単発の講座や数回のコースなどが1,000以上登録されています。

講師のプロフィールが分かるので受講に不安が少ない事、「Excel使いこなし」などの定番講座から「スピーチが上手くなるコツ」や「ロジカルシンキング講座」などバリエーションもあります。

あとは、1回あたり数千円程度という価格が安い点も良いです。(講座によって違います)

「役にたった」と思ったらシェアお願いします