1. ホーム > 
  2. 仕事効率化 > 
  3. Office365を解約する方法

Office365を解約する方法

Office365の解約は「サブスクリプションのキャンセル」という表現になっていて、少し分りにくいかと思いますので、解約の手順をまとめました。

  • 2016/11/22
  • 2014/10/13

Office 365の解約

Office365を解約する方法は特に難しい事はありませんが、Office365の管理画面では「解約」という表現ではなく、「サブスクリプションのキャンセル」という表現を使っています。

不慣れな方は解約する方法が分からないと思いますので、解約するまでの手順をご紹介します。

まずOffice365の管理画面にログインして、サブスクリプションの購入と管理のリンクをクリックします。
office365-cancellation_1

現在のサブスクリプションと契約状態が表示されます。右側のメニューにある、サブスクリプションのキャンセルをクリックします。
office365-cancellation_2

次回更新時までは有効なので、いつまで有効なのかが表示されます。
サブスクリプションが無効になって4か月くらいで、サーバーに保存したデータとかも消去されてしまいますので、必要なデータは必ずバックアップしておきましょう。
office365-cancellation_3

フィードバックを入力する画面では適当に回答します。
office365-cancellation_4

これで解約(キャンセル)が完了です。

契約状態はキャンセル済みに変わっています。
もう一度Office365を有効にするには、「サブスクリプションを再アクティブ化します」のリンクをクリックすれば、Office365が利用できるようになります。
office365-cancellation_5

「役にたった」と思ったらシェアお願いします