1. ホーム > 
  2. SEO > 
  3. 考え方

SEOを勉強しようとしている人へ(2014年版)

2014/5/7 - 考え方

top_study-of-seo-2014

新入社員も研修が終わり、正式な配属先も決まってきているんではないかなと思う。
私の所属している部署でも何人か新入社員を預かる事になったので、改めてSEOを勉強する方法をまとめておこうと思う。

以前書いたSEOを勉強しようとしている人への内容とほとんど一緒だが、新しい書籍なども出ているので情報を更新しておこうと思う。

本を読み知識を得る事

何事も知識が基礎になるので、まずは本を読んで多くの知識を得てほしい。

Amazonで「SEO」と検索すると分かるがSEOに関する書籍はいくつかある。
しかし人に薦められる書籍というと・・・以下の2冊に絞られる。
アフィリエイトリンクにはしていないので、クリックして内容を確認してほしい。

WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル
いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル

古い本だが書かれている内容は、逆に今の時代にピッタリなのではないかとも思う。
著者の松尾茂起氏は業界では著名な方で、セミナーなども精力的に行っている。
セミナーは非常に面白いので、もし機会があればぜひ参加してほしい。

本の後半はWordPressに関する内容が書かれているが、最新情報ではないので無視してしまっても良いかもしれない。

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

実践で役に立つノウハウが書かれているので、サイト運営をした事がない人が読んでも、具体的なイメージは難しいかもしれない。
それでも最初に読んでおいて欲しいのは、得た知識が本当に理解できたという瞬間を作って欲しいから。

正直、本を読んだだけで多くの事を理解する事は難しいと思う。
読んだ時点では理解できない・想像できないといった事も多いはずだが、自分で実践したり実務で経験したりする事で、突然「あぁあの本に書かれていた事はこういう事だったのか」と理解できる瞬間が訪れるもの。
こういう経験をして欲しいから、理解できないだろう事が多いのは承知で、この本は読んで欲しいと思う。

実践して経験を得る事

次のステップでは、覚えた知識を使って実践をして経験値をためて欲しい。
やはり自分で手を動かし、自分で見る事によって得るものは大きい。
百聞は一見にしかず。

実務以外にも自分でドメインとサーバーを準備して、自分のサイト・ブログを作って欲しい。
クライアントのサイトは好き勝手に修正する事はできないが、自分のサイトであれば好き勝手にできる。

すべての人が実務で経験を積む事になるのだから、実務+自分のサイトを持つ事で他の人よりも多くの事を学べるはずだ。
ただこれをやる人、やり続ける事ができる人はかなり少数。

知識と経験が知恵を生む

「あぁあの本に書かれていた事はこういう事だったのか」と理解できる瞬間が訪れると、知識が経験によって知恵に昇華する、と私は考えている。
知識は公式みたいなもので、知恵は応用力とでも表現したら良いか。

同じ商品を扱っているサイトでも、企業規模やサイトの歴史など千差万別なので、公式のような知識だけでは対処する事は難しい。
ベストプラクティスはどのサイトにも当てはまるものではないので、ベストプラクティスからエッセンスだけを抽出してサイトに適用する、という応用力は非常に重要なスキルになる。

  • 公開日:2014/5/7

KEN INO

コメント

メールアドレスは非公開です。
ご意見など、お気軽にコメントを頂ければ嬉しいです。

  1. […] お勧めの本やSEOを学ぶ上で大事なことを教えてくれる「SEOを勉強しようとしている人へ(2014年版)」をご紹介します。 これからSEOを勉強しようとしている新人WEB担当者の方はお勧めで […]

今からでも遅くない!SEOを2014年から学び始める人は「SEOを勉強しようとしている人へ(2014年版)」を一度は読んどけぇ! にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です