1. ホーム > 
  2. サイト運営ヒント > 
  3. サイト制作ヒント

Quick CacheとWPtouchを併用する時の注意

2011/5/31 - サイト制作ヒント

このエントリーはWordPressのプラグインでブログのキャッシュを作成するプラグイン「Quick Cache」とスマートフォン対応のページに修正してくれる「WPtouch」を同時に使う時に必要な設定です。
ちょっとつまずいたんでメモしておきます。

「Quick Cache」がONの時にiPhoneやAndroidでブログを表示すると、スマートフォン用のページがキャッシュされてしまい、PCのブラウザでブログを見た時にも、スマートフォン用のページが表示されてしまいます。

こんな感じです。

iPhoneページのキャッシュを表示している様子
もちろんユーザーエージェントは操作していませんが、こんな感じになる場合もあります。

これを回避するには「Quick Cache」の設定でiPhoneとAndroidからのアクセスの場合に、キャッシュを作成しないようにすればOKです。
設定方法は「No-Cache User-Agent Patterns」に「iPhone」と「Android」の文字を設定しておくだけです。

こんな感じです。
Quick Cacheの設定

ここに設定したユーザーエージェントを持つブラウザからのアクセスの際には、キャッシュを作成せずにデータベースからデータを呼び出すようになります。
あっ、設定が終わったら「Save Changes」ボタンを押すのを忘れないように。

スマートフォンは屋外で使う場合が多いはずですが、「WPtouch」でスマフォ用のブログとして表示されるので、速度的にもストレスはほとんど無いはずです。

  • 公開日:2011/5/31

KEN INO

コメント

メールアドレスは非公開です。
ご意見など、お気軽にコメントを頂ければ嬉しいです。

  1. […] Quick CacheとWPtouchを併用する時の注意 […]

  2. […] ⇒Quick CacheとWPtouchを併用する時の注意 | Re:very […]

【仕事メモ】WPtouchとQuickCacheの関係 | BABY GOODS | 新米パパ育児 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です